12~13日の運休・欠航広がる=台風接近、連休の足に影響

2019.10.10
0
by 時事通信

 台風19号が接近した10日、鉄道・航空各社で計画運休の可能性や、欠航情報の発表が相次いだ。12~13日の交通に影響が広がり、連休の移動が大きく制限されそうだ。
 JR東日本は10日、首都圏在来線と新幹線で12~13日に計画運休を実施する可能性があると発表した。11日午前にさらに詳しい見通しが発表される見込み。首都圏では東急電鉄や小田急電鉄も計画運休を予定している。
 JR東海は東海道新幹線東京-新大阪間の運転計画について、12日は昼前から通常よりも本数を減らしたり、運転を取りやめたりする予定と説明。13日は安全確認ができ次第、再開するものの、本数減や取りやめの可能性があるとしている。
 JR西日本も10日、山陽新幹線新大阪-岡山間で12日午前から運転取りやめの可能性があると発表。他の区間でも本数を減らす可能性があるとしており、詳しい計画は改めて発表するという。
 全日本空輸は、12日の羽田、成田両空港を発着する国内線全便を欠航する。約370便に上る見通しだが、影響はさらに広がる可能性がある。
 日本航空は11日の国際線と国内線合わせて9便の欠航を決定。12日は合わせて566便、13日は国内線2便と国際線6便を欠航するとしており、影響は約8万7000人と見込んでいる。(2019/10/11-01:18)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)