台風19号、今夕にも静岡か関東上陸へ=記録的暴風大雨恐れ-千葉で1人死亡

2019.10.12
0
by 時事通信


 大型で非常に強い台風19号は12日午前、東海沖を北上した。夕方から夜に静岡県か関東に上陸し、縦断して13日未明には東北地方南部沖に抜ける見込み。東海と関東では記録的な暴風、大雨になる恐れがあり、気象庁は高波や高潮とともに厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けている。
 気象庁は東海と関東の大雨について「(死者・行方不明者が1200人を超えた)1958年の狩野川台風に匹敵し、大雨特別警報を発表する可能性がある」としている。土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水が予想される。
 千葉県市原市では、突風でトラックが横転し、乗っていた男性が死亡した。
 群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、三重、奈良各都県に土砂災害警戒情報が発表された。東京都大島町(伊豆大島)や静岡県菊川市、三重県伊勢市などの一部に避難指示が発令されたほか、各地で避難勧告が相次いだ。
 19号は12日午前10時、八丈島の西南西約230キロの海上を時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。東側370キロ以内と西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径650キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 13日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海600ミリ、北陸500ミリ、東北と関東甲信400ミリ、伊豆諸島300ミリ、近畿と中国200ミリ、北海道と四国100ミリ。
 13日にかけて予想される最大瞬間風速は関東甲信と東海60メートル、東北50メートル、近畿45メートル、北海道と北陸40メートル、中国と四国35メートル、九州北部30メートル。波の高さは関東と東海、伊豆諸島13メートル、東北11メートル、近畿と四国10メートル、北海道と北陸7メートル、中国と九州北部6メートル。(2019/10/12-13:22)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)