「少しでも役に立てれば」=ボランティア受け入れ開始-台風被災の長野市

2019.10.16
0
by 時事通信

長野市南部災害ボランティアセンターが開設され、ボランティアの受け入れが始まった=16日午前、同市

長野市南部災害ボランティアセンターが開設され、ボランティアの受け入れが始まった=16日午前、同市

 台風19号の大雨で千曲川の堤防が決壊し、浸水などの被害を受けた長野市では16日、各地から訪れるボランティアの受け付けが始まった。「少しでも役に立てれば」。市南部災害ボランティアセンターには平日にもかかわらず、多くの人が集まった。
 同日に受け入れたのは同市南部の篠ノ井地区と松代地区。市河川課によると、両地区の推定浸水面積は約460ヘクタールに上るとみられる。
 市社会福祉協議会によると、ボランティアは被災者のニーズに応じて、家財の搬出や泥のかき出し、家屋の清掃などに当たった。思い出の詰まった品を処分することもあるため、被災者の話を聞くなど心のケアを含めた活動を依頼している。


長野市南部災害ボランティアセンターで、スタッフの説明を受けるボランティアら=16日午前、同市

長野市南部災害ボランティアセンターで、スタッフの説明を受けるボランティアら=16日午前、同市

 同センターで16日朝に受け付けを済ませた長野市内の女性は「テレビの映像を見て、少しでも役に立てればと思って来ました」と話した。
 篠ノ井地区の男性(70)宅では、市内から来た看護師北沢忍さん(31)が汚れたふすまを外に運び出す作業に汗を流した。この日は仕事が休みだという北沢さんは「地元の災害で休みの日に何もしないのは落ち着かない。慣れ親しんだ地域なので、何かできれば」と話した。
 男性宅は1階部分が浸水。北沢さんら5人のボランティアは床の板を外して断熱材を取り出し、床下の泥をかき出す作業などを続けた。「どこから手を付けたらよいのか分からず、若い人がいると心強い」と感謝した。
 広範囲で浸水の被害を受けた穂保地区など長野市北部では17日以降に活動が始められる予定。同市内では16日午前6時現在で約700人が避難所に身を寄せている。(2019/10/16-12:47)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)