吉野氏ら文化勲章=功労者は玉三郎さんら

2019.10.29
0
by 時事通信

吉野彰氏

吉野彰氏

 政府は29日、2019年度の文化勲章を、ノーベル化学賞受賞が決まった電気化学の吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)や狂言の野村萬氏=本名野村太良=(89)ら6人に贈ると発表した。文化功労者には吉野氏と、歌舞伎の坂東玉三郎氏=本名守田伸一=(69)、映画の大林宣彦氏(81)、メディア芸術(ゲーム)で「マリオの生みの親」として知られる宮本茂・任天堂代表取締役フェロー(66)ら21人を選んだ。
 文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同5日に東京都内のホテルで行われる。


坂東玉三郎 文化功労者

坂東玉三郎 文化功労者

 文化勲章を受けるのは他に、数理工学の甘利俊一(83)、免疫学の坂口志文(68)、政治学の佐々木毅(77)、写真の田沼武能(90)の4氏。女性は3年連続で選ばれなかった。
 他の文化功労者は、映画評論の佐藤忠男=本名飯利忠男=(89)、照明デザインの石井幹子(81)、経済学の猪木武徳(74)、短歌の馬場あき子=本名岩田暁子=(91)、俳句の宇多喜代子(84)、コンピュータービジョン・ロボット工学の金出武雄(74)、中国古典文学の興膳宏(83)、国語史学・国際交流の小林芳規(90)、時間生物学の近藤孝男(71)、社会貢献・国際貢献・文化振興の笹川陽平(80)、作物ゲノム学・学術振興の佐々木卓治(72)、日本画の田渕俊夫(78)、組踊の宮城能鳳=本名徳村正吉=(81)、漫画の萩尾望都(70)、障害者スポーツ振興の藤原進一郎(87)、分子薬理学の柳沢正史(59)、文化振興・国際交流・著作権の渡辺美佐(91)の各氏。
 文化勲章では数理工学と写真が初めての受章。文化功労者は文化芸術基本法を踏まえ、新分野にも着目して昨年度は5人増の20人だった。今年度はさらに多い21人で、映画評論など12分野が初の顕彰となった。(2019/10/29-11:52)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)