ゴーン被告の流用認定=日産1.5億円申告漏れ-東京国税局

2019.10.29
0
by 時事通信

 の前会長カルロス・ゴーン被告(65)による会社資産の私的流用疑惑をめぐり、日産が東京国税局から2014年3月期までの3年間で約1億5000万円の申告漏れを指摘されたことが29日、関係者への取材で分かった。ゴーン被告の出身国レバノンの大学への寄付金などが同被告の私的な支出とされ、一部については、仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定された。
 日産は社内調査で、ゴーン被告が同社に不正に支出させ、または支出させようとした金額は150億円に上ると指摘しているが、その一部が税務調査でも裏付けられた。
 関係者によると、こうした支出は秘書室の経費として計上されていた。所得隠しなど不正があった場合の時効は7年のため、東京国税局は14年3月期までを先行して調査。15年3月期以降については引き続き調査する。重加算税を含む追徴税額は数千万円で、日産は既に修正申告し、納税したとみられる。(2019/10/29-13:30)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)