10月売上高、軒並み2割減=駆け込み反動で百貨店各社

2019.11.01
0
by 時事通信

 大手百貨店4社が1日発表した10月の売上高(速報値)は、全社が前年同月比で2割前後の減少となった。消費税増税前の駆け込み需要の反動が大きく出た。台風19号による休業・短縮営業の影響も重なり、2014年4月の増税時を上回る減少幅(1割前後)を記録した。
 (HD)は21.2%のマイナスで、は19.7%、そごう・西武は19.2%、大丸と松坂屋を傘下に収めるJ・フロントリテイリングは18.7%、それぞれ減少した。いずれも宝飾品や衣料品の落ち込みが特に大きかった。(2019/11/01-19:46)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)