両陛下、笑顔で即位パレード 沿道に11万9000人―オープンカーで4.6キロ

2019.11.10
0
by 時事通信

即位を祝うパレードに出発される天皇、皇后両陛下=10日午後、皇居

即位を祝うパレードに出発される天皇、皇后両陛下=10日午後、皇居

 天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後行われた。コースとなった皇居から赤坂御所までの沿道には平成時(約11万7000人)を上回る約11万9000人が集まり、天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗り、笑顔で手を振って応えられた。
 両陛下にとって1993年6月の結婚時以来のパレード。皇后さまが人々の祝福に涙を見せる場面もあった。



 午後3時ごろ、皇居・宮殿の南車寄せでトヨタのセンチュリーを改造したオープンカーに乗り込み、宮内庁楽部指揮者の北原幸男さんが新たに作曲した行進曲「令和」の演奏と、宮内庁と皇宮警察の職員約600人に送られて出発した。陛下はえんび服姿に大勲位菊花章頸飾などの勲章を着用。皇后さまは白のロングドレスにティアラ、勲章を着けた。
 車列は約50台で約400メートルに及び、時速約10キロで進んだ。両陛下の車は白バイやサイドカーを除くと安倍晋三首相らに続き7台目。後方には秋篠宮ご夫妻らが乗った車が続き、皇居正門、国会正門前、国立国会図書館前、赤坂見附、青山通りを通って青山一丁目を右折する約4.6キロのコースを走り、午後3時半ごろ赤坂御所に到着した。


即位を祝うパレードで、沿道に集まった人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=10日午後、皇居前広場

即位を祝うパレードで、沿道に集まった人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=10日午後、皇居前広場

 沿道では警視庁や自衛隊などの音楽隊が、両陛下の結婚を記念し團伊玖磨さんが作曲した「新・祝典行進曲」を演奏した。警視庁は全国の警察から応援を得て、最大約2万6000人態勢で、数メートルおきに警察官を配置する厳重警備を敷いた。
 両陛下はこれで、国事行為である即位の礼の五つの儀式を全て終えた。
 祝賀御列の儀は天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」の後に広く国民に即位を披露し祝福を受ける目的で平成時から始まった。10月22日の予定を、政府が台風19号被害を受け延期した。日没時間が早まることを踏まえ、出発時刻は30分早まった。(2019/11/10-19:11)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)