観光庁、災害時の訪日客対応でアンケート実施 700超の自治体対象

2019.11.12
0
by 時事通信

 観光庁は、災害時の訪日外国人旅行者への対応強化に向け、自治体の取り組みを把握するアンケートに近く着手する。全都道府県と、訪日客が多かったり著名な観光地を抱えていたりする市区町村を足した700超の自治体が対象。12月半ばには回答を得たい考えだ。
 2018年の訪日客は約3119万人と過去最高を記録。政府は20年に4000万人に増やす目標を立てており、災害時の安心・安全の確保は大きな課題だ。一方、台風15号や19号などで自治体がどのような対応を取ったかつかみ切れていない部分も多い。
 観光庁は10月29日、災害など非常時の訪日客対策を検討するため、有識者らで構成する会議を設置。今年度末にも対策の方向性を出す予定で、アンケート結果は検討の参考資料にする。
 アンケートでは、訪日客向けの災害情報提供体制や、避難所運営に関するマニュアルの有無などを聴く。地域防災計画に訪日客をどう位置付けているか、災害時の訪日客対応担当部署を決めているかも確認する。(2019/11/12-16:03)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)