WTOで再協議も物別れ 日本輸出管理、韓国の対応焦点

2019.11.20
0
by 時事通信

半導体材料の輸出管理強化をめぐる日韓協議の終了後、取材に応じる黒田淳一郎・経済産業省通商機構部長=19日、スイス・ジュネーブ

半導体材料の輸出管理強化をめぐる日韓協議の終了後、取材に応じる黒田淳一郎・経済産業省通商機構部長=19日、スイス・ジュネーブ

 【ジュネーブ時事】日本政府による韓国向け半導体材料の輸出管理強化をめぐり、世界貿易機関(WTO)協定に基づく日韓両国の2度目の2国間協議が19日、スイス・ジュネーブのWTO本部で行われ、双方が主張を譲らず物別れに終わった。日韓は23日午前0時に失効が迫る日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)などでも対立する中、今後の韓国の対応が焦点となる。
 協議には日本から経済産業省の黒田淳一郎・通商機構部長ら、韓国から産業通商資源省の丁海官・新通商秩序協力官らが出席。休憩を挟んで約6時間半意見交換したが、歩み寄りはなかった。


半導体材料の輸出管理強化をめぐる日韓協議の終了後、取材に応じる丁海官・韓国産業通商資源省新通商秩序協力官=19日、スイス・ジュネーブ

半導体材料の輸出管理強化をめぐる日韓協議の終了後、取材に応じる丁海官・韓国産業通商資源省新通商秩序協力官=19日、スイス・ジュネーブ

 韓国の丁氏は協議終了後、記者団の取材に「次のスプを取る」と表明。ただ、一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置要請や協議の継続も含めて「全ての選択肢を排除しない」とも述べた。
 一方、黒田氏は「今後の進め方は韓国側が検討する。その結果を踏まえて対応を決定する」と説明した。(2019/11/20-05:39)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)