10月の訪日客5.5%減 震災以来の下げ幅―韓国6割減、台風も影響

2019.11.20
0
by 時事通信

国内外の観光客でにぎわう浅草寺=4日、東京都台東区

国内外の観光客でにぎわう浅草寺=4日、東京都台東区

 日本政府観光局が20日発表した10月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比5.5%減の249万6600人と、2カ月ぶりに減少に転じた。下げ幅は東日本大震災の影響が残る2012年2月(19.6%減)以来の大きさ。対日関係の悪化が続く中、韓国人客は6割を超える大幅減を記録し、東日本を襲った台風19号による航空便の欠航も響いた結果、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の集客で補い切れなかった。
 内訳を見ると、韓国は65.5%減(前月58.1%減)の19万7300人とマイナス幅が拡大。7月まで中国に次ぎ2位だったが、訪日旅行を控える動きは続いており、日韓航空路線の減便も大きく響いた。中国が2.1%増(同25.5%増)に減速したほか、台湾や香港も台風による航空便欠航の影響が見られた。


ラグビーW杯の試合前に盛り上がるカナダのファン=9月26日、福岡市博多区

ラグビーW杯の試合前に盛り上がるカナダのファン=9月26日、福岡市博多区

 田端浩観光庁長官は「一部旅行を延期する動きはあった」と影響を認めながらも、自然災害による訪日客減少は一時的にとどまるとの見方を示した。(2019/11/20-19:06)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)