多様性認め、他者と共有を 若者と対話、東京ドームでミサ―ローマ教皇

2019.11.25
0
by 時事通信

ミサ会場に入り、赤ちゃんに口づけをするフランシスコ・ローマ教皇=25日午後、東京都文京区の東京ドーム

ミサ会場に入り、赤ちゃんに口づけをするフランシスコ・ローマ教皇=25日午後、東京都文京区の東京ドーム

 来日中のフランシスコ・ローマ教皇は25日昼、東京都内で若者との集いに参加した。夕方には、東京ドームで大規模ミサを実施。日本の若者らに対し、多様性の尊重や他者に手を差し伸べることの大切さを説いた。
 教皇は文京区にある東京カテドラル聖マリア大聖堂で開かれた「青年との集い」で、若者3人からいじめや差別に遭った経験などを聞いた。出席した約900人の若者を前に、いじめ問題に関し、「いじめる側こそ本当は弱虫だ」と強調。「同級生や友人の間で立ち上がり、『あなたがしているのはひどいことだ』と言う以上に、いじめに対抗する強力な武器はない」とみんなで声を上げるよう呼び掛けた。


「青年との集い」で、贈呈された法被を着るフランシスコ・ローマ教皇=25日午後、東京都文京区の東京カテドラル聖マリア大聖堂

「青年との集い」で、贈呈された法被を着るフランシスコ・ローマ教皇=25日午後、東京都文京区の東京カテドラル聖マリア大聖堂

 日本をはじめ競争力や生産性を重視する現代社会について、「物質的に豊かでも孤独の奴隷になっている人が多い」と指摘。「最も重要なことは何を手にしたかではなく、それを誰と共有するかだ」と述べ、他者と分かち合うよう訴えた。
 教皇はその後、東京ドームに移動し、詰め掛けた約5万人の信徒らを前に、大規模ミサを執り行った。「パパモービレ」と呼ばれる専用車に乗って教皇が登場すると、大歓声がこだました。(2019/11/25-19:41)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)