安倍首相「転換点にかじ取り」 改憲の思い、必ずや継承―中曽根氏死去

2019.11.29
0
by 時事通信

 首相は29日、中曽根康弘元首相の死去を受け、「深い悲しみを禁じ得ない。国民と共に心から哀悼の意を表する」との談話を発表した。首相は東西冷戦や日米貿易摩擦など中曽根政権時の状況に言及。「厳しい内外情勢に置かれた時期に5年間にわたり首相の重責を担われ、戦後史の大きな転換点に当たってかじ取り役を果たされた」と功績をたたえた。
 中曽根氏が「ロン」「ヤス」と呼び合ったレーガン米大統領(当時)との関係にも触れ、「強い信頼の下で強固な日米同盟を確立し、アジア諸国との関係を強化し、わが国の国際的地位を大きく向上させた」と指摘した。
 首相はこの後、首相官邸でのブケレ・エルサルバドル大統領との共同記者発表で、中曽根氏が憲法改正を訴えてきたことを紹介。「そうしたわが国の未来に対する強い思いは、必ずや時代を超えて受け継がれるものと確信している」と語った。
 また、中曽根内閣で外相を務めた父・晋太郎氏の秘書として首相外遊に同行したことを回想し、「斬新かつ大胆な中曽根外交を間近で見ることができたことは、今なお私にとって大きな資産となっている」と述べた。(2019/11/29-20:13)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)