東京五輪の開催可否、5月までに判断? IOC委員が見解

2020.02.26
0
by 時事通信

 【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、国際オリンピック委員会(IOC)委員のディック・パウンド氏(カナダ)が東京五輪・パラリンピック開催について一部米メディアのインタビューに応じ、開催可否の判断は5月下旬までに下されるとの見通しを述べた。25日、米メディアが一斉に報じた。
 パウンド氏は、事態が収束しない場合について、「おそらく中止を検討することになる」との見解も示した。
 1978年から委員を務めるパウンド氏は、別の都市での代替開催は準備期間の短さから困難とコメント。開催延期に関しても、北米プロスポーツのシーズンと重なるため、巨額の放映権料を支払う北米テレビ局が応じないだろうと話した。(2020/02/26-11:27)

print

人気のオススメ記事

  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)