5月百貨店、売上高6~8割減 営業再開でマイナス幅は縮小

2020.06.01
0
by 時事通信

 大手百貨店4社が1日発表した5月の既存店売上高(速報)は、前年同月と比べ6~8割減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で全国の店舗で臨時休業が続き、大きく落ち込んだ。ただ、中旬以降はが解除された地域で順次営業を再開したため、いずれも4月よりマイナス幅が縮小した。
 は前年同月比78.1%減。売り上げが大きい首都圏の6店舗の再開が月末近くの30日になったため、前月と同程度の減少幅となった。大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが73.2%減、が62.9%減、そごう・西武が61.5%減だった。(2020/06/01-19:11)

print

人気のオススメ記事

  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)