安倍首相、熊本の豪雨被害視察 千寿園で黙とう

2020.07.13
0
by 時事通信

特別養護老人ホーム「千寿園」の前で黙とうする安倍晋三首相(前列手前から2人目)=13日午前、熊本県球磨村(代表撮影)

特別養護老人ホーム「千寿園」の前で黙とうする安倍晋三首相(前列手前から2人目)=13日午前、熊本県球磨村(代表撮影)

 首相は13日午前、九州を襲った豪雨の被災状況を視察するため自衛隊機で現地入りした。鹿児島空港に到着後、隣接する熊本県へ移動。球磨川の氾濫で入所者14人が犠牲になった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」を訪れ、黙とうをささげた。
 首相は村内で蒲島郁夫知事らとの意見交換会に出席し、「できることは全て行う。現場主義を徹底し、支援に全力を挙げて取り組んでいく」と強調した。蒲島知事は「熊本地震、新型コロナウイルス、今回の豪雨とトリプルパンチに見舞われている。さらなる支援を頂きたい」と訴えた。(2020/07/13-12:36)

print

人気のオススメ記事