厚労省、ワクチン供給で英大手と合意 1.2億回分、来年初めにも―新型コロナ

2020.08.07
0
by 時事通信

 厚生労働省は7日、英製薬大手アストラゼネカとの間で、同社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年初めから1億2000万回分の供給を受けることで基本合意したと発表した。うち3000万回分は来年3月末までに供給される。
 接種回数は臨床試験(治験)の結果を踏まえて決まるが、2回接種する場合は6000万人分に相当する。
 同社はワクチン原液の輸入に加え、製薬会社JCRファーマ(兵庫県)と連携し国内でも製造。第一三共(東京都)など4社が容器への充填(じゅうてん)などを担う。
 アストラゼネカは英オックスフォード大とワクチン開発を推進。海外の治験では有効性を示す結果が示されている。同社は日本国内でも今月から治験を行う予定だ。
 新型コロナのワクチンでは、厚労省は米製薬大手ファイザーとも6000万人分の供給を受けることで基本合意。さらなるワクチン確保に向けて、製薬企業との協議を続けている。(2020/08/07-21:11)

print

人気のオススメ記事

  • PR コロナ波乱相場に成果報酬型で投資助言!元証券ディーラーの推奨銘柄は
    コロナ波乱相場に成果報酬型で投資助言!元証券ディーラーの推奨銘柄は
    (PR:G&Dアドヴァイザーズ)