嘱託殺人罪で2医師起訴 ALS患者に薬物投与―京都地検

2020.08.13
0
by 時事通信

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の依頼を受け、医師2人が患者を殺害したとされる事件で、京都地検は13日、嘱託殺人罪で大久保愉一(42)=仙台市=と山本直樹(43)=東京都港区=両容疑者を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、両容疑者は共謀の上、ALS患者の林優里さん=当時(51)=の依頼を受け、2019年11月30日午後5時21~37分ごろ、京都市中京区の林さんの自宅マンションに出向いて薬物を胃ろうから投与し、同8時10分ごろ、京都市内の病院で急性薬物中毒により死亡させたとされる。
 両容疑者は林さんの主治医ではなく、関係者によると少なくとも事件の1年前から林さんとインターネット交流サイト(SNS)でやりとりし、事件当日まで面識はなかった。事件直前に山本容疑者の口座に報酬とみられる現金130万円が2回に分けて振り込まれていた。
 林さんは2人の退室後に容体が急変。別の部屋にいたヘルパーが主治医に連絡をし病院に搬送されたが、死亡が確認された。林さんの体内からは、鎮静作用のある「バルビツール酸系」の薬物が検出された。(2020/08/13-16:57)

print

人気のオススメ記事

  • PR コロナ波乱相場に成果報酬型で投資助言!元証券ディーラーの推奨銘柄は
    コロナ波乱相場に成果報酬型で投資助言!元証券ディーラーの推奨銘柄は
    (PR:G&Dアドヴァイザーズ)