松本元死刑囚の遺骨、次女に 東京家裁が決定

2020.09.17
0
by 時事通信

 2018年7月に死刑が執行されたオウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=当時(63)=の遺骨と遺髪について、東京家裁が17日の審判で、元死刑囚の次女を取得者とする決定をしたことが関係者の話で分かった。
 遺骨と遺髪は現在、東京拘置所で保管されている。引き取りをめぐっては、元死刑囚が指名したとされる四女と、他の家族が対立していた。四女側は東京高裁に不服を申し立てる方針。
 関係者によると、家裁は執行前の元死刑囚への面会回数などを踏まえ、次女を取得者とするのが相当と判断したとみられる。(2020/09/17-20:42)

print

人気のオススメ記事

  • PR 米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    (PR:岡三オンライン証券)