業界初、加盟店と利益折半 ミニストップ、FC見直し

2020.09.25
0
by 時事通信


記者会見するミニストップの藤本明裕社長=25日午後、東京都千代田区

記者会見するミニストップの藤本明裕社長=25日午後、東京都千代田区

 コンビニエンスストアのは25日、現行のフランチャイズ(FC)契約を大幅に見直すと発表した。2021年9月以降、本部が一定の経営指導料(ロイヤルティー)を徴収する仕組みを廃止し、利益を両者で折半する。こうした仕組みは業界初という。コンビニ各社は店主の負担軽減のため、ロイヤルティーを含めた取引関係の在り方を模索しており、同様の試みが広がる可能性がある。
 新制度では、店舗の売上高から仕入れ原価や人件費、商品の廃棄費用など店舗運営に掛かる経費を差し引いた額を事業利益とし、加盟店と本部で原則折半する。現行のFC制度では経費は考慮されず、仕入れ原価のみを差し引いた粗利益でロイヤルティーを算定し、赤字でも徴収していた。新制度に移行すれば売り上げ増が加盟店の利益につながりやすくなる。1日当たりの平均売上高が50万円の場合、利益は現行に比べ15%増えると見込んでいる。(2020/09/25-19:13)

print

人気のオススメ記事

  • PR 米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    (PR:岡三オンライン証券)