途上国債務、返済猶予を支持 新型コロナ対応協議―G7財務相

2020.09.25
0
by 時事通信

 先進7カ国(G7)の財務相は25日夜、テレビ会議を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた世界経済の回復に向け、対応を協議。さらなる感染拡大を防ぐため、医療体制・財政基盤が脆弱(ぜいじゃく)な開発途上国の債務返済の猶予について、年末までとなっている期限の延長を支持する共同声明を採択した。
 新型コロナ対策を協議するG7財務相のテレビ会議は定期的に開催されており、日本からは麻生太郎財務相が参加した。麻生氏は終了後、記者団の取材に応じ、債務返済の猶予に関し、「今後の本格的な救済に当たり、中国を含む全ての債権者による公平な負担を確保することが不可欠だと申し上げた」と説明した。(2020/09/25-23:54)

print

人気のオススメ記事

  • PR 米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    (PR:岡三オンライン証券)