ANA、公募増資検討 2000億円規模、資金余力確保へ

2020.09.25
0
by 時事通信

 ANAホールディングスが2000億円規模の公募増資を検討していることが25日、分かった。新型コロナウイルスによる業績低迷の長期化をにらみ、増資によって財務基盤を強化し、資金余力を確保する狙い。今後の事業環境や金融市場の動向を踏まえ、年内にも実施する可能性がある。(2020/09/25-23:20)

print

人気のオススメ記事

  • PR 米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    (PR:岡三オンライン証券)