核兵器禁止条約が発効 50カ国・地域で違法化―日本は不参加

2021.01.21
0
by 時事通信


1952年、太平洋のマーシャル諸島で米国が行った核実験(AFP時事)

1952年、太平洋のマーシャル諸島で米国が行った核実験(AFP時事)

  • 国連本部で行われた核兵器禁止条約の署名式=2017年9月、ニューヨーク(EPA時事)

 【ニューヨーク時事】核兵器の使用や保有など幅広い活動を違法化するが日本時間21日夜、発効した。非加盟国には効力が及ばず、核兵器保有国や日本をはじめ核抑止力に頼る国の加盟も見通せないため、実効性が疑問視されている。条約を推進してきたNGOなどは「核兵器は違法」という認識を世界に広め、核廃絶に向けて核保有国の具体的な行動を働き掛けていく構えだ。
 核禁止条約は軍縮交渉の停滞にいら立ちを募らせた非保有国の主導で行われ、2017年に122カ国・地域の支持を得て採択された。条約は昨年10月までに批准した50カ国・地域それぞれの現地時間22日午前0時に順次発効。南太平洋の島国キリバスなどが日本時間21日夜、最初に22日を迎えた。
 米ロ英仏中の核保有国は条約を「国際安全保障上の課題や地域の問題に対処しておらず、兵器1個の削減にもつながらない」と批判し、加盟しない方針。核禁止条約が核拡散防止条約(NPT)を法的に補完すると訴える核禁止条約推進国との隔たりは大きい。(2021/01/21-19:21)

print

人気のオススメ記事

  • PR そのクレジットカードで得してますか?コスパで選ぶならアメックスグリーン
    そのクレジットカードで得してますか?コスパで選ぶならアメックスグリーン
    (PR:アメリカン・エキスプレス)