無観客なら損失2兆4133億円 関大名誉教授が試算―東京五輪・パラ

2021.01.22
0
by 時事通信

 関西大学の宮本勝浩名誉教授は22日、今夏の東京五輪・パラリンピックが無観客で開催された場合、経済的損失は約2兆4133億円に上るとの試算を発表した。
 試算では、観客がいないため、大会参加者の消費支出による経済効果は9割に当たる約3813億円が失われる。国内の大会機運も盛り上がらず、家計消費支出の効果も約2808億円に半減し、企業のマーケティング活動も低調になるとした。大会後もスポーツや文化の振興などによる効果が約8514億円に半減。観光需要やビジネス拡大なども影響を受けると分析した。一方、会場整備など大会開催前に得られる経済効果は、ほぼ達成されているとした。
 宮本氏はこれまで、大会の1年延期に伴う損失が約6408億円、観客が約半分に制限された場合の損失が約1兆3898億円、大会が中止された場合の損失が約4兆5151億円になるとの試算を発表している。(2021/01/22-17:17)

print

人気のオススメ記事

  • PR そのクレジットカードで得してますか?コスパで選ぶならアメックスグリーン
    そのクレジットカードで得してますか?コスパで選ぶならアメックスグリーン
    (PR:アメリカン・エキスプレス)