相続不登記に罰則 所有者不明土地解消目指す―民法改正案など閣議決定

2021.03.05
0
by 時事通信

 政府は5日の閣議で、長年登記が変更されず放置されている「所有者不明土地」の解消に向け、民法や不動産登記法の改正案と新法の「相続土地国庫帰属法案」を決定した。相続登記を義務化し、違反者に行政罰である過料を科すことが柱。相続した土地が不要な場合、条件付きで国有地化を認める制度も創設する。
 国の調査によると、所有者不明土地は国土の約2割に上る。相続時に登記されないことが主な要因。登記簿を見ても現在の所有者が分からないため、公共事業や民間取引の障害となるなど社会問題化している。(2021/03/05-08:42)

print

人気のオススメ記事

  • PR 最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    (PR:株式会社ゼロホーム)