都、医療ステージ2目指す 首都圏、時短要請継続

2021.03.05
0
by 時事通信


記者会見する東京都の小池百合子知事=5日夜、都庁

記者会見する東京都の小池百合子知事=5日夜、都庁

  • 新型コロナウイルス感染症対策についての4都県テレビ会議に臨む東京都の小池百合子知事(右手前)=5日午後、都庁

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の再延長をめぐり、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は5日、テレビ会議を開き、宣言延長後も引き続き午後8時までの営業時間短縮を飲食店などに要請する方針を決めた。東京都の小池百合子知事は医療提供体制について、感染状況を示す4段階の国の指標で深刻度が2番目に低い「ステージ2」に下げることを目指すと表明した。
 国の指標のうち、東京は療養者数や病床使用率が「ステージ3」相当となっている。小池知事は同日夜、臨時の記者会見を開き「どうやってステージ2に抑え込んでいくのか、徹底的に感染を抑え込むことが必要になる」と述べ、都民や事業者に対策の協力を求めた。
 4都県では、新規感染者数が下げ止まりつつあり、増加に転じる兆しがある。4知事は感染の再拡大を防ぐため、外出自粛とテレワークの徹底を改めて呼び掛け、宴会を伴う花見の自粛、飲食時のマスク着用を住民に求めることで一致した。都は全ての都立公園で宴会や飲食を禁止する。
 宣言期間中、4都県は時短要請に応じた飲食店などに1日6万円の協力金を支給。4知事は、解除後は時短要請を午後9時までに緩和し、協力金を4万円にする方針も決定した。神奈川県は8日以降、外食で会話をするときはマスクを着ける「マスク飲食」の推奨を支給条件に加える。
 都は、1日の新規感染者数(7日間平均)を前週比7割以下にする目標を掲げたが、2月中旬以降は鈍化傾向が顕著になり、5日時点では273.6人となり前週を上回った。一方、千葉県では3日の新規感染者が164人となるなど、再び増加する気配を見せ始めている。(2021/03/05-22:43)

print

人気のオススメ記事

  • PR 最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    (PR:株式会社ゼロホーム)