復興道路、宮城県内が完成 三陸沿岸、年内に全線開通

2021.03.06
0
by 時事通信


【図解】復興道路 開通へ大詰め

【図解】復興道路 開通へ大詰め

  • 三陸沿岸道路の「気仙沼湾横断橋」=6日午前、宮城県気仙沼市
  • 「三陸沿岸道路」の宮城県内区間が完成し、開通記念式典でテープカットする村井嘉浩宮城県知事(前列左から3人目)、菅原茂気仙沼市長(同4人目)ら=6日午前、宮城県気仙沼市
  • 三陸沿岸道路の宮城県内区間が完成し、「気仙沼湾横断橋」を走る関係車両=6日午後、宮城県気仙沼市

 国が東日本大震災の復興道路として整備を進める「三陸沿岸道路」(三陸道)のうち宮城県内区間が完成し、6日午後3時半に開通した。今回開通したのは同県気仙沼市の気仙沼港―唐桑半島間の7.3キロ。全約359キロのうち約312キロが完成。未開通区間も年内に整備され、全線開通する予定だ。
 三陸道は三陸沿岸を走る自動車専用道路で、仙台市から岩手県を通り、青森県八戸市を結ぶ。国土交通省によると、今回仙台市と岩手県宮古市の間が1本でつながり、整備前と比べ、同区間の所要時間が約2時間短縮される。
 今回の開通区間は、気仙沼湾をまたぐ全長1344メートルの「気仙沼湾横断橋(愛称・かなえおおはし)」を含む。塔からケーブルを斜めに張り渡す斜張橋としては東北最長。三陸道で唯一車窓の両側に海が見え、観光資源としても期待される。同日の開通直後は、新しい橋を一目見ようとする車両で渋滞した。
 開通に先立ち、同日気仙沼市内で記念式典が開かれ、同市の菅原茂市長は橋の愛称について「震災に遭ったみんなの願いと、亡くなった人の願いをかなえる橋にしようという気持ちがこもっている」と説明。宮城県の村井嘉浩知事は「地域産業の復興や観光振興に大きく寄与すると確信している」と述べた。(2021/03/06-17:01)

print

人気のオススメ記事

  • PR 最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    (PR:株式会社ゼロホーム)