「飲める」か、明言避ける 加藤官房長官

2021.04.15
0
by 時事通信

 官房長官は15日の記者会見で、東京電力福島第1原発から出る放射性物質を含む処理水を「飲んでも何ということはない」とした副総理兼財務相の発言の信頼性について、明言を避けた。
 加藤氏は処理水について「世界保健機関(WHO)が定める飲料水の水質ガイドラインの7分の1に希釈して処分することを指している」と説明。ただ、実際に飲んでも安全かに関しては「(飲むという)行為自体によって、科学的に安全性が証明されているわけではない」と語った。(2021/04/15-18:13)

print

人気のオススメ記事

  • PR 自宅のローンを払い終えるか心配な家族が選んだ「なるほど」な選択肢
    自宅のローンを払い終えるか心配な家族が選んだ「なるほど」な選択肢
    (PR:SBIスマイル)