東電会長に小林喜光氏 エネルギーに精通、経営抜本改革

2021.04.22
0
by 時事通信


小林喜光氏

小林喜光氏

 が、空席となっている会長職に小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長(74)を起用する方向で最終調整に入ったことが22日、分かった。東電は収益改善の柱に据えていた柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が相次ぐ不祥事で見通せなくなっており、エネルギー事業に詳しい小林氏を招くことで経営改革を抜本的に進める狙いがあるとみられる。
 小林氏は経済同友会代表幹事も務めた経済界の論客。原子力損害賠償・廃炉等支援機構の運営委員を務めている。2011年の東日本大震災で福島第1原発事故を起こした東電の再建に向け、特別事業計画の策定に深く関与するなど同社の経営に精通しており、白羽の矢が立ったとみられる。東電では取締役会の議長も兼務する見通し。6月の株主総会を経て就任する。(2021/04/22-16:48)

print

人気のオススメ記事

  • PR 自宅のローンを払い終えるか心配な家族が選んだ「なるほど」な選択肢
    自宅のローンを払い終えるか心配な家族が選んだ「なるほど」な選択肢
    (PR:SBIスマイル)