近ツー親会社、今期3年連続赤字 400億円支援で債務超過解消へ

2021.05.12
0
by 時事通信

 近畿日本ツーリストを傘下に持つKNT―CTホールディングスは12日、2022年3月期連結純損益が148億円の赤字となる見通しだと発表した。赤字は3期連続。財務基盤の立て直しに向けて親会社のなどに資本支援を仰ぐが、新型コロナウイルス感染拡大で旅行需要が蒸発し、業績低迷は長期化が避けられない。
 KNTは21年3月末時点で96億円の債務超過に陥った。近鉄グループのほか、取引銀行を引受先とした優先株を発行し、400億円を調達する。払込期日は6月30日で、これにより債務超過は解消される見通しだ。
 通期予想には東京五輪の開催に伴う収益を織り込まなかった。需要回復の鍵を握るワクチン接種は年末に完了すると想定し、個人旅行が国内でコロナ前の18年度に比べて5割、海外は1割程度にとどまると見込む。
 21年3月期の連結純損益は過去最悪の284億円の赤字。収支改善のため募集した希望退職にはグループ従業員の約2割に当たる1439人が応じた。米田昭正社長は記者会見で「23年3月期の黒字化は必ずや達成したい」と強調した。(2021/05/12-19:42)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)