犠牲者42人を追悼 信楽鉄道事故30年―滋賀

2021.05.14
0
by 時事通信


信楽高原鉄道事故から30年となり、現場近くの慰霊碑前で行われた追悼法要=14日午前、滋賀県甲賀市(代表撮影)

信楽高原鉄道事故から30年となり、現場近くの慰霊碑前で行われた追悼法要=14日午前、滋賀県甲賀市(代表撮影)

 滋賀県信楽町(現甲賀市)で1991年5月、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡した事故は、14日で発生から30年となった。現場近くの慰霊碑前では同日午前、追悼法要が行われた。
 法要には遺族のほか、SKRの正木仙治郎社長、JR西の長谷川一明社長らが参列した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年と同様に参列者を限定し、時間も短縮。両社長による追悼の言葉は、読み上げず慰霊碑の前に供えた。
 正木社長は「安全最優先の運行方針の下、地域に貢献できるよう努力を重ねる」と強調。長谷川社長は「安心、信頼して利用される鉄道を築き上げる」と誓った。(2021/05/14-12:16)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)