国が最大1300万円支給 建設石綿訴訟で与党和解案―菅首相と原告面会も調整

2021.05.15
0
by 時事通信

 アスベスト(石綿)で肺がんなどの健康被害を受けたとして、元建設労働者らが国や建材メーカーに損害賠償を求めるなどした30件超の集団訴訟について、自民、公明両党のプロジェクトチームが統一の和解案をまとめたことが15日、分かった。国が原告に和解金を支払うのが柱で、1人最大1300万円とする方向で最終調整している。集団訴訟の一部について17日に予定される最高裁での上告審判決を踏まえ正式決定し、原告側に提示する。
 原告側が合意すれば、原告数1200人超の集団訴訟は、全面解決に向けて大きく前進する。合意に至った場合、首相が18日にも原告団と面会する方向で調整している。
 関係者によると、和解案は、国が症状などに応じて原告に和解金を支払うのが柱。1人最大1300万円となる見込みだ。これに加え、(1)訴訟負担を考慮した解決金支給(2)原告以外の被害者救済のための基金創設―を盛り込んでいる。(2021/05/15-14:49)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)