みずほ、役員11人処分 社長は減俸6カ月―藤原頭取は当面続投・システム障害

2021.06.15
0
by 時事通信


システム障害に関する記者会見で、頭を下げるみずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長(左)と、みずほ銀行の藤原弘治頭取=15日午後、東京都千代田区

システム障害に関する記者会見で、頭を下げるみずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長(左)と、みずほ銀行の藤原弘治頭取=15日午後、東京都千代田区

 (FG)は15日、子会社のみずほ銀行で相次いだシステム障害を受けた経営陣の処分と再発防止策を発表した。坂井辰史FG社長が6カ月間、みずほ銀の藤原弘治頭取が4カ月間、月額報酬を50%減額するなど、役員計11人を減俸処分とした。藤原頭取は今月末に引責辞任する方向だったが当面続投し、再発防止に取り組む。
 みずほの坂井社長と藤原頭取らが同日夕、都内で記者会見した。坂井氏は「度重なる障害でご迷惑とご心配をお掛けし、改めて深くおわびする」と謝罪。経営陣の責任については、報酬減額で「現時点の責任を明確化した」と述べた。藤原頭取の辞任に関しては「決定した事実はない」とした上で、「再発防止の立ち上がり状況を見た上で必要な人事は考えていく」と述べるにとどめた。
 金融庁はみずほに集中検査を実施しており、業務改善命令を出す方針。みずほFGはこれを受け、藤原氏を含め改めて人事を刷新する。(2021/06/15-21:31)

print

人気のオススメ記事

  • PR 300万アップも夢じゃない。いまある不動産をより高く売る方法
    300万アップも夢じゃない。いまある不動産をより高く売る方法
    (PR:ウェイブダッシュ)