漁獲枠拡大を協議 クロマグロで国際会議

2021.07.27
0
by 時事通信


【図解】太平洋クロマグロ親魚の資源量

【図解】太平洋クロマグロ親魚の資源量

 すしネタや刺し身の高級品となる太平洋クロマグロ(本マグロ)の資源管理策を話し合う国際会議が27日、オンライン形式で始まった。日本は資源量が回復傾向にあるとして、漁獲枠拡大を4年連続で提案している。ただ、資源保護が必要だとして米国は反対する可能性が高い。協議は難航する見通しだ。会合は29日までの予定。(2021/07/27-08:33)

print

人気のオススメ記事

  • PR お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    (PR:SBIスマイル)