21年産米、作付け6.5万ヘクタール減 価格急落回避の公算―農水省

2021.07.29
0
by 時事通信


農林水産省の看板

農林水産省の看板

 農林水産省は29日、2021年産の主食用米について、全国の作付面積が6月末時点で前年実績(約136万6000ヘクタール)より最大6万5000ヘクタール減る見込みになったと発表した。作柄を平年並みと仮定すると、生産量は694万トンと比較可能な1958年以降で初めて700万トンを下回る見通し。人口減少に加え、コロナ禍に伴う外食需要減退で在庫が積み上がる中、米価の大幅下落は回避できそうだ。
 農水省が同日開いた審議会の部会で、最新の「米穀の需給および価格の安定に関する基本指針」を定めた。この中で、21年産米の作付面積が6万2000~6万5000ヘクタール減るとの見込みを明らかにした。
 農水省は、価格安定には作付面積を6万7000ヘクタール削減し、生産量を693万トンにする必要があるとみている。主食用米から飼料用米などへの転作に手厚い補助金を出す支援策が後押しとなり、目安にほぼ到達するめどが立った形だ。(2021/07/29-12:12)

print

人気のオススメ記事

  • PR お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    (PR:SBIスマイル)