iPhone13、3万円台から 価格競争激化―携帯大手

2021.09.17
0
by 時事通信


米アップルが14日発表したスマートフォンiPhone(アイフォーン)13(同社提供)

 携帯電話各社は17日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)13」の予約受け付けを始めた。各社は、毎月の分割払いと2年後の端末返却を組み合わせた購入プログラムを用意。他社からの乗り換えなど条件次第で3万円台から入手できる。各社の価格競争は激しくなりそうだ。販売は24日から。
 NTTドコモは、返却を2年より早めると端末の割引額が増えるほか、30歳以下が対象の新たな割引料金プランを始める。早めに買い替えたい人や若者への対策を強化する。記憶容量が最小の128ギガバイトモデルの顧客負担は2年後に返却する場合、最安で3万4232円となる。
 KDDI(au)は端末を返却して新機種に買い替える際に割り引く制度を改め、買い替えを前提としないことにした。ソフトバンクは返却と買い替えの両方が条件となる現行の割引制度を維持する。128ギガバイトモデルで、KDDIでは4万100円から、ソフトバンクでは4万7160円から入手できる。(2021/09/17-21:41)

print

人気のオススメ記事

  • PR お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    (PR:SBIスマイル)