ソニーG、米ゲーム事業を一部売却 1100億円で

2021.10.19
0
by 時事通信


ソニーグループ本社=東京都港区

ソニーグループ本社=東京都港区

 ソニーグループ(G)は19日、傘下の米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が保有するゲーム専門チャンネルの一部ゲーム事業を売却すると発表した。約10億ドル(約1100億円)で米ゲーム会社のスコープリーに譲渡する。
 売却する「GSNゲームズ」は、オンラインでトランプやビンゴなどのゲームを提供。世界で約400人の従業員を抱える。
 スコープリーは、日本を含む世界でモバイルを中心とした幅広いゲームを手掛け急成長している。SPEは売却の対価としてスコープリーの優先株式も引き受け、同社の少数株主となる。出資を通じ、モバイルゲーム業界の成長を取り込みたい考えだ。(2021/10/19-11:31)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)