元看護師に死刑求刑 検察「身勝手、残虐」―入院患者3人殺害・横浜地裁

2021.10.22
0
by 時事通信


横浜地方裁判所=横浜市中区

横浜地方裁判所=横浜市中区

 横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年、入院患者3人の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、殺人罪などに問われた元看護師の久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判の論告求刑公判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であった。検察側は「身勝手な動機に基づく計画的、残虐な犯行で、酌量の余地はない」として死刑を求刑した。
 久保木被告は起訴内容を認めており、刑事責任能力の程度が争点。判決は11月9日の予定。
 検察側は論告で、動機は終末期医療患者らが勤務時間中に死亡し、家族対応を迫られるのを避けるためだったと指摘。事件当時、被告には軽度の自閉スペクトラム症の特性があったが、事件には影響せず完全責任能力があったと主張した。
 その上で、「看護師という社会的弱者を守る立場にありながら、3人を殺害した結果は極めて重大で、生命軽視の姿勢が顕著だ」と非難した。
 弁護側は最終弁論で「事件当時、被告は統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」と反論。罪悪感と後悔の念を持ち、遺族にも謝罪したとして、無期懲役が相当と訴えた。久保木被告は最終意見陳述で「罪の重さを痛感し胸が苦しくなる。死んで償いたいと思っている」と述べた。
 これに先立ち、それぞれの遺族が意見陳述し、「悔しくてならない。看護師の手によって命が奪われるなど絶対にあり得ない」などと話した。
 起訴状によると、久保木被告は16年9月15~19日、大口病院に入院していた男性患者2人=いずれも当時(88)=と女性患者=同(78)=の点滴袋に消毒液を入れるなどして殺害。同月18、19日には、別の患者4人の点滴袋などに消毒液を混ぜたとされる。(2021/10/22-17:36)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)