日産、来月にかけ3割減産 三菱自も軽を半減―半導体不足、長期化

2021.10.22
0
by 時事通信


日産自動車(上)と三菱自動車の各ロゴマーク

日産自動車(上)と三菱自動車の各ロゴマーク

 日産自動車が今月と来月の国内外での生産台数を従来計画から3割減らすことが22日、分かった。長期化する半導体不足による部品調達難のためで、三菱自動車も11月に軽自動車の生産台数を半減させる。
 日産の生産台数は国内外で、10月が約26万台、11月が約32万台となる見通し。日産は半導体不足による生産への影響について「引き続き厳しい状況だ」と説明している。
 三菱自は、水島製作所(岡山県倉敷市)の軽自動車生産ラインについて、11月の稼働率を通常の半分程度に引き下げる。具体的な減産台数は明らかにしていない。対象は「eKワゴン」など。スポーツ用多目的車(SUV)「RVR」は減産しないという。
 一連の半導体不足問題を受け、同製作所では夏ごろまで生産調整が続いていたが、8月以降は通常稼働していた。その後、再び部品不足に直面した。(2021/10/22-20:27)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)