TOB価格、引き上げ拒否 新生銀公的資金「返済に全力」―北尾SBI社長

2021.10.28
0
by 時事通信


決算会見で、新生銀行へのTOBについて話すSBIホールディングスの北尾吉孝社長=28日午後、東京都港区

決算会見で、新生銀行へのTOBについて話すSBIホールディングスの北尾吉孝社長=28日午後、東京都港区

 インターネット金融大手SBIホールディングスの北尾吉孝社長は28日の決算記者会見で、新生銀行に対するTOB(株式公開買い付け)について、1株2000円の買い付け価格の引き上げを拒否した。新生銀はTOBに反対した上でSBIが価格を引き上げれば賛成に転じるとしているが、北尾氏は「1銭も増やすつもりはない」と明言した。
 SBIが9月9日に新生銀へのTOBを表明して以来、北尾氏が公の場で発言するのは初めて。北尾氏は、新生銀が約20年にわたり公的資金を完済していないことについて「10~20年単位でお金を返さないことはあり得ない」と批判。TOBに成功したら「血税をどう返すかに全力投球する」と強調した。
 北尾氏はまた、新生銀の業績低迷に関して「どうやったらこうなるのか不思議だ」と指摘。新生銀の若手社員や元役員らから早期の買収を求める手紙が届いていると説明し、TOBの正当性を主張した。(2021/10/28-20:44)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)