喜多條忠さん死去 「神田川」作詞家、74歳

2021.12.01
0
by 時事通信


作詞家の喜多條忠さん (日本作詩家協会提供)

作詞家の喜多條忠さん (日本作詩家協会提供)

 かぐや姫の「神田川」などのヒット曲で知られる作詞家の喜多條忠(きたじょう・まこと)さんが22日午前6時、肺がんのため横浜市の自宅で死去した。74歳だった。大阪府出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻輝美(てるみ)さん。
 早稲田大中退後、放送作家を経て作詞家に。自身の体験を基に作詞した「神田川」(南こうせつさん作曲)が大ヒット。キャンディーズの「暑中お見舞い申し上げます」「やさしい悪魔」や柏原芳恵さんの「ハロー・グッバイ」、梓みちよさんの「メランコリー」、五木ひろしさんの「凍て鶴」など数多くの演歌や歌謡曲のヒット曲を手掛けた。
 山内惠介さんの「スポットライト」などで日本レコード大賞作詩賞、伍代夏子さんの「肱川あらし」で日本作詩大賞の大賞を受賞。日本作詩家協会会長や日本音楽著作権協会(JASRAC)理事を歴任した。(2021/12/01-00:14)

print

人気のオススメ記事

  • PR 少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    (PR:ウェイブダッシュ)