米海兵隊と大規模訓練開始 東北方面隊が初参加―陸自

2021.12.04
0
by 時事通信

 陸上自衛隊と米軍による共同実動訓練「レゾリュート・ドラゴン21」が4日から始まった。陸自約1400人、米海兵隊約2650人が参加する国内最大規模の訓練で、今回は陸自東北方面隊が初めて参加。離島防衛などを想定し、連携を確認することで日米の共同対処能力の向上を図る。
 会場は八戸演習場(青森県)や矢臼別演習場(北海道)など。4日は王城寺原演習場(宮城県)で開始式を行った。17日までの日程で海兵隊の輸送機オスプレイによる日米隊員の輸送展開訓練や、陸自の地対艦誘導弾と米軍の高機動ロケット砲システムHIMARS(ハイマース)を用いた対艦戦闘訓練などを実施する。(2021/12/04-10:53)

print

人気のオススメ記事

  • PR 少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    (PR:ウェイブダッシュ)