首里城正殿、11月着工 岸田首相、復帰50年の沖縄入り

2022.05.14
0
by 時事通信


首里城の復元事業関係者らと、意見を交わす岸田文雄首相(左から3人目)=14日午後、那覇市

首里城の復元事業関係者らと、意見を交わす岸田文雄首相(左から3人目)=14日午後、那覇市

  • 記者の質問に答える岸田文雄首相=14日午後、那覇市

 首相は14日、那覇市の首里城公園で記者団に対し、火災で焼失した首里城の復元に向け、11月に正殿の建築に着工する方針を明らかにした。同3日に起工式を行う。政府は2026年秋にまず正殿を完成させ、北殿、南殿も含めた全面復旧を急ぎたい考えだ。
 首相は15日の沖縄本土復帰50年に合わせ、政府・県共催の式典に出席するため沖縄入りした。首里城公園を訪れた首相は、19年10月に全焼した首里城に関し「沖縄県民にとってアイデンティティーのよりどころであり、誇りであり、国民的な歴史文化資産だ。復元に向けて責任を持って取り組みたい」と語った。
 首相は復元に関わる関係者との車座懇談会にも出席。復元作業について「技術や伝統の継承の場としていくことが大事だ」と指摘した。
 一方、首相は太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となった沖縄本島南部を訪問し、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑などで献花。沖縄県議会の赤嶺昇議長と面会し、「真に平和で豊かな沖縄県」の実現を求めた意見書を受け取った。(2022/05/14-17:59)

print

人気のオススメ記事