中国念頭「威圧行動に反対」 ウクライナ情勢で懸念共有―クアッド首脳

2022.05.24
0
by 時事通信


クアッド首脳会議に参加した日米豪印の首脳。(写真左から)アルバニージー豪首相、バイデン米大統領、岸田文雄首相、モディ印首相=24日午前、首相官邸

クアッド首脳会議に参加した日米豪印の首脳。(写真左から)アルバニージー豪首相、バイデン米大統領、岸田文雄首相、モディ印首相=24日午前、首相官邸

  • クアッド首脳会議を終え、記者会見する岸田文雄首相=24日午後、首相官邸

 日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の連携枠組み「クアッド」の首脳会議が24日、首相官邸で対面で開かれた。4首脳は中国の台頭を念頭に「あらゆる威圧的、挑発的、一方的な行動に強く反対する」とした共同声明を発表。ただ、ロシアと伝統的に友好関係にあるインドの立場を考慮し、ウクライナ情勢に関しては懸念を共有するにとどめた。
 クアッドの首脳会議は4回目。首相、バイデン米大統領、モディ印首相に加え、就任したばかりのアルバニージー豪首相が出席した。
 岸田氏は会議後の記者会見で「4首脳で『自由で開かれたインド太平洋』の実現に力を尽くすと世界に発信できた」と成果を強調。「インドも参加する形でウクライナの悲惨な紛争に懸念を表明し、主権や領土の一体性の諸原則はいかなる地域でも守らなければならないと確認した」と語った。
 バイデン氏は会議で「私たちは歴史の中で暗黒の時代のかじ取りをしている。ロシアのプーチン大統領はウクライナ文化を抹消しようとしている」と非難。同時に「米国はインド太平洋における強固で安定した永続的なパートナーだ」と述べ、インド太平洋重視は不変だと強調した。
 対中強硬路線を取った保守連合から23日に政権を引き継いだ労働党のアルバニージー氏は「クアッドへの関与は変わらない」と説明。モディ氏は「協力は『自由で開かれたインド太平洋』に資する」と指摘した。(2022/05/24-18:41)

print

人気のオススメ記事