中ロ爆撃機が共同飛行 クアッド首脳会議けん制か―防衛省

2022.05.24
0
by 時事通信


中国軍機と日本周辺を共同飛行したロシア軍のTU95爆撃機=24日(防衛省統合幕僚監部提供)

中国軍機と日本周辺を共同飛行したロシア軍のTU95爆撃機=24日(防衛省統合幕僚監部提供)

  • ロシア軍機と日本周辺を共同飛行した中国軍のH6爆撃機=24日(防衛省統合幕僚監部提供)

 防衛省は24日、中国とロシアの爆撃機計6機が日本周辺を共同飛行したと発表した。東京で開かれた日本、米国、オーストラリア、インドの連携枠組み「クアッド」の首脳会議を意識したけん制行動の可能性がある。ロシア国防省は同日、中国機と「共同パトロール」を行ったと主張した。
 岸信夫防衛相は会見し「(クアッド)開催国たるわが国に対する示威行動を意図したもので、これまでより挑発度を増すものだ」と批判。ロシアのウクライナ侵攻にも触れ「国際社会が対応する中、中国が侵略国ロシアと共同行動を取ったことは懸念を抱かざるを得ず、看過できない」と述べた。
 防衛省によると、まず中国軍のH6爆撃機2機が日本海上でロシア軍のTU95爆撃機2機と合流し、沖縄県の宮古島北方まで飛行。中国機は別の2機と入れ替わり、沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋上を長距離飛行した。(2022/05/24-23:41)

print

人気のオススメ記事