臨時国会が召集 参院選後初の本格論戦

2022.10.03
0
by 時事通信


第210臨時国会の開会式でお言葉を述べられる天皇陛下=3日午後、国会内

第210臨時国会の開会式でお言葉を述べられる天皇陛下=3日午後、国会内

 第210臨時国会が3日召集された。7月の参院選後初の本格論戦の場で、物価高対応や安倍晋三首相の国葬、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題などをめぐり議論が交わされる見通し。支持率が急落した政権の立て直しを図りたい首相に対し、立憲民主党など野党側は攻勢を強める構えだ。会期は12月10日までの69日間。
 官房長官は3日の記者会見で、臨時国会を通じ「歴史的な難局を乗り越え、わが国の未来を切り開くための政策を実行していく」と強調。国葬などに関しても「国民各層の幅広い理解を得られるよう努めていく」と語った。立憲民主党の代表は党会合で「いいかげんな今の政権のあり方を批判していこう」と呼び掛けた。
 政府は物価高対策を柱とする総合経済対策を月内に取りまとめ、11月に財源の裏付けとなる2022年度第2次補正予算案を提出、早期成立を目指す。新たな感染症危機に備えた感染症法改正案、衆院小選挙区を「10増10減」する公職選挙法改正案など18法案の成立も図る。
 立民は国会共闘で合意した日本維新の会や共産党とテーマごとに連携し、法案対応や政権追及を進めていく考えだ。(2022/10/03-10:54)

print

人気のオススメ記事