メルマガ登録

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

  1. 日記
  2. テーマ別
  3. 経済
これは無料メールマガジン「いつも感謝している高年の独り言」の
有料メールマガジンの創刊号となるようです。(サンプル誌でもあります)

内容は無料メールマガジンの4月7日号のコピーです。

購読料は消費税が含まれますので、525円/月になってしまいました。
申し訳有りません。


[IMFの売却の403.3トンの買い手?] 
2009/4/7(火)
書庫:遠山の価格操作


[IMFの売却の403.3トンの買い手?]  解説
The Wall Street Journal
April 5, 2009 ロンドン発
http://online.wsj.com/article/SB123896483017890537.html

★G20でIMFは50B$のGを売却して資金調達するとの発表。 

★Dominique Strauss-Kahnsou IMF総裁は、米国議会の承認待ちと発表。 
更に、これ以上の売却は計画していない由。

★Morgan Stanley のアナリスト Hussein Allidina氏は中国やロシアの中央銀行が
買うだろうと予想。 勿論 市場外での取引となるはずと予想している。

★過去において1999年、2000年 IMFは 12.9M oz. (400 ton)のGを
市場外取引でメキシコとブラジルに売却し、後に 一部 買取をした。

★IMFの保有高は3217トン

★ロシアは第一四半期に29.8トン増やして523.7トンとなった。 
これで2008年末2.2%が4%になった。

★★★エクアドルは第一四半期に倍増させて 
2008年末26.3トン(9.8%)→現在54.7トン(32%)

★★★ベネゼエラはは第一四半期に倍増させて 
2008年末356.4トン(23%)→現在363.9トン(36%) 

http://online.wsj.com/article/SB123896483017890537.html


☆☆中国政府は以前から、IMFがGを売却する場合は、全量購入したいと公言していた。

☆☆ロシア政府も当然 準備比率を10%に高めたいので、購入を申し込むはず。

☆☆市場外取引なので、市場価格には影響を与えないと予想される

☆☆☆☆ この話については、まだまだ 追加の話を載せます。

------------------------------------------


[インターネットラジオの噂話]

ベネゼエラのチャベズ大統領は現在 中国を訪問中とか。 何を話しているのか? 
それは判らないが、チャベスの仇敵は、米国。 兎に角 米国が嫌い。 
だから米ドルを世界基軸通貨の王座から降ろす事に協力を依頼しているはず。 
ロシアとベネゼエラは、もう固い絆なので、次は 中国を篭絡すれば、大体 包囲網は出来上がる。
ロシア、中南米、OPEC湾岸産油国、そして中国。 一歩一歩 時代は変わっていく。


  • P0007958
  • 2018/08/21
  • 毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)