Mail Magazine Back Number

バックナンバー

【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議のバックナンバーを、1ヶ月ごとに購入することができます。
過去に配信された号を読みたい方はこちらからお買い求めください。

【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議バックナンバーリスト

2019年03月
  • 2019/03/28 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議Vol. 18
  • 2019/03/13 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議Vol. 17

    ・知られざる社外取事情:前回取り上げたJICの役員報酬決定についての記事に引き続き、「役員報酬サーベイ」についてご紹介します。図を交えながら、役員報酬について視覚的にも見ていきます。

    ・会議の現場:行政事業レビューで取り上げられた、職業能力評価制度について。レビューでもなかなかない廃止となった事業の事例を見ていきます。論理的に説明して、自分の意思を会議で通せるようになりたいものです。

    ・きょうこのごろ:シリコンバレーに行ってきました。先生と呼ばれて思ったこと。肩書きについて。

【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議
2019年02月
  • 2019/02/25 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議Vol. 16

    ・会議の現場:正社員雇用推進の話。厚労省の方向性を無視して議論をぶっこんだ参考人のエピソードを交え、常識にとらわれない事例を提示し議論の幅を広げることについて考えます。

    ・知られざる社外取事情:リカレント教育について取り上げます。人生100年時代に必要不可欠とも言える学び直しについて、お得な情報を共有致します。これを機に学び直しを始めてみてはいかがでしょうか??

    ・よこたのきょうこのごろ:新しいお仕事、引き受けてみました。

  • 2019/02/12 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議 Vol.15

    ・時事ネタ:取締役11人のうち、民間出身の9人が辞任し話題となったJICの話題を取り上げます。キーとなる役員報酬の透明化について、具体的企業や役員報酬の調査について取り上げながら考えます。

    ・会議の現場:行政事業レビューで取り上げられた、若年者地域連携事業について。説明者が真面目な対案を出して来たら、卒ない質問への対応をしてきたら、有識者はどうなる
    のでしょうか?

    ・よこたのきょうこのごろ:新聞の書評欄から、大山礼子先生の本についてご紹介します

【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議
2019年01月
  • 2019/01/28 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議 Vol.14

    ・知られざる社外取事情:社外取締役がいつそのバリューをより発揮できるのか、について迫ります。自身に求められていることを見極めるには、どのようなところに注目すればいいのでしょうか?

    ・会議の現場:行政事業レビューから、中国残留邦人 帰国受入援護事業について取り上げます。事業継続の方針から1億1700万円の予算削減に至るまでのプロセスをご紹介しながら、第三者意見の重要性について考えます。

    ・よこたのきょうこのごろ:厚生労働省 統計サンプル不正問題について思うこと。ご質問、お待ちしております。

  • 2019/01/11 【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議 Vol.13

    よこたのきょうこのごろ 時事ネタ:NewsPicksから社外取締役にかかわるものを2つほどピックアップして解説します。社外取締役設置義務化のさらなる対象拡大と、投資家目線での市場の再整理について取り上げます。

    知られざる社外取事情:もし自分が社外取締役になったら?喜ばしい一方で責任やリスクが伴います。会社役員賠償責任保険があればあなたを守ってくれる?その仕組みについて迫ります。

    社外取ニュース一気読み!:今回のテーマは社外取締役と社内改革。社外取締役や外部からきたプロ経営者が、企業の方針転換・体制改革に立ち会っている例をピックアップしてみました。

【オモシロ会議百景】現役・次世代リーダーと横田響子でゆるっと語るボーダーレスな社外会議

バックナンバーリスト