KISARAGI

  • ¥0

    無料

読み手と書き手をつなぐ創作文章投稿メルマガです。様々な作品を載せていこうと思っています。ぜひ、あなたも投稿して下さい!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
KISARAGI
発行周期
週刊
最終発行日
2018年11月18日
 
発行部数
48部
メルマガID
0000007077
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 小説

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.991    2018/11/18
      編集/発行:みやこたまち
                    E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
        http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:寒暖さが激しい時期ですね。寒くないように眠りましょう。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ 古典へのいざない [761] ・・・今週はお休みいたします。
伽婢子《おとぎぼうこ》[70] 鬼谷に落て鬼となる [6]
作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
第五十五回 敷島記理子 5 
作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [761]
伽婢子《おとぎぼうこ》[70] 鬼谷に落て鬼となる [6]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 今週はお休みいたします。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第五十五回 敷島記理子 5 
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第五十五回 敷島記理子 5

 室内には夕闇が迫り、店舗スペースのガラス窓に差し込むオレンジ色が、吹
き抜けを通って、床から壁面、そして天井へと明確なラインを示し始めていま
した。
 私は、手藻蔓さんから託されたゼロハリバートンのスーツケースの中に、
きっちりと整頓されたノートと、まだ中身を見てはいませんが、おそらくは簡
潔かつ的確に整理されたレジュメが入っているであろう封筒のことを思いまし
た。
 また、並木さんも、図書館での資料の取り扱い方や、ノートの保存状態から
みて、図法螺な方ではなかったはずです。
 にもかかわらず、この三冊のノートは、丸め癖がつき、ページのそこかしこ
が折れ曲がり、表紙はボロボロで千切れている部分もあったのでした。ちぎれ
た部分の変色具合をみても、この数年のものではなさそうでした。表紙にはナ
ンバーがありません。ナンバリング以前にはなかったノートなのか、意図的に
ナンバーをつけなかったのかは、不明です。また、手藻蔓さんが、並木さんか
ら、この三冊のノートに関しては、ぞんざいに扱うよう指示をうけていたとい
う可能性もありました。ですが、それならば何故、手藻蔓さんは私にも、同じ
指示をしなかったのでしょうか。まるで私には見せてはならない、とでもいう
かのように…

 いよいよ、暗くなってきました。ガラス壁越しみえる屋外の空はまだ青々と
しています。ですが、午後6時を回って角度を鈍らせている陽光は、高いとこ
ろを照らすばかりで、私たちのいる地上は、早くも黄昏を迎えていたのでした。

「ともかく、電気のスイッチを見つけないと…」

 私は三冊のノートをなんとなくパラパラとめくりながら、壁面に目を走らせ
ました。「ぼい~~ん ぼい~~ん ぼい~~ん」の文字が、青鼠色の影に覆
われてつつある壁面に、深緑色に浮かび上がっていました。
 その「ぼい~~ん」には、何かとても嫌な感じを受けました。なんというか、
胃袋の裏側にベットリと張り付いて、ぎうぎうと内臓をねじり上げられるよう
な不快感を覚えるのです。
 私は頭をふって、文字の残像を消し去ろうと思いました。そのためには、や
はり蛍光灯を点けることが最善の策だと思いました。

「スイッチはどこにあるの?」
 私はそんなことを呟いたようでした。

 オレンジ色の光が、目の端をよぎりました。私は立ち眩み、その場にしゃが
みこみました。頭痛がしました。階下がざわついていました。よろよろと立ち
上がり、一階を見下ろすことができるガラス壁に近寄りました。クリスタルの
花瓶のようなものが、ウインドウ付近で傾いていました。

「あ、バカラとか、ラリックとか、高い花瓶なのかなぁ」

 ぼんやりとそんなことを考えていました。
 その繊細なクリスタルのカット面に、残照が切り刻まれてミラーボールのよ
うに天井を回っていました。
 ふと、サイドボードの壁に目をやると、その乱反射が奥の壁のコーナーの一
点に集中しているように見えました。そこには、電気のスイッチが、当然のご
とくありました。

 私は何の感情もなく、そこに歩み寄り、パチリとスイッチをいれました。天
井の蛍光灯が、てんでに点滅し、そして一斉に点灯しました。部屋は、たんな
る事務室でした。ガラス壁の外は消え、室内が輻輳しているだけでした。

 私は三冊のノートをトートバックに放りこんで、持参したノートの撮影の仕
度にとりかかりました。(20181118)

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ