「私はこう見る」コンサルタント生の本音情報

  • ¥0

    無料

電子書籍、スマートフォン、Mac、牛丼。第一線コンサルタントが、ユニークな切り口と視点でビジネスの裏側を分かりやすく解説。発想力を楽しみながら身につけたいすべての人へ

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
「私はこう見る」コンサルタント生の本音情報
発行周期
月刊
最終発行日
2018年11月04日
 
発行部数
4,191部
メルマガID
0000007188
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

http://i.am/systrat/

「私はこう見る」読者の声コーナー配布版
---------------------------------------------------- 98.11.8号 (1)

     **************************************
     第一線マーケティング・コンサルタントの
         生の声をお届けします。
          毎月1日、15日発行
     **************************************

■「私はこう見る」は
理論や手法など、固いテーマを避けて、気楽に電車などでも読める記
事を用意しました。ビジネスマン、OLの自己啓発を念頭に置きました
が、プロの原点に戻った「あっ、そうだよ」にも配慮しています。
-------------------------------------------------------------------
■読者の声コーナーの主旨
  励ましや、おしかりの言葉、ありがとうございます。
  他の読者の方々の中にも、同じご意見を持った方もいらっしゃるかも
  知れませんし、それぞれの方のご意見が他の方々にとって、自分の考
  えをまとめるための参考になるかも知れません。そういった観点から、
  「読者の声」のコーナーは大事にしたいと考えています。
  それぞれの方々へのご意見もお待ちしています。systrat@hello.to へ
  お送り下さい。
  新しい声から順番にご紹介しています。
-------------------------------------------------------------------
■読者の声コーナーの更新頻度
  掲載された記事から原則として、3週間後に「読者の声コーナー配布版」
  をお送りします。
------------------------------------------------------------------------
▼今回の掲載は333行です。読みにくいと思ったらこちらへどうぞ
http://member.nifty.ne.jp/systrat/gimmie/voice/by_term/v_term981108.html
▼それぞれの方々へのご意見をお待ちしています -----------------------
宛先 : systrat@hello.to または syst@tka.att.ne.jp (担当 : 中野)
------------------------------------------------------------------------
 自分自身の舞台裏・「私はこう見る」市場導入戦略 98.10.15 掲載
------------------------------------------------------------------------
  今回は皆さんの声の数が多いので原文をすべて掲載できませんでした。
  大幅に編集しております。ご了承下さい。

▼短信コーナー --------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <聡美さん> 【いつも楽しみにしています】
       「かなりおもしろい」98.10.22
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
遠いロスにいると、ついついいろんな情報に遅れがちなので、コーヒーブレイク
はいつも楽しみにしています。
こちらも細々ながら、翻訳や観光ガイドの寄稿など、仕事(のようなもの)を続
けています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <ikedaさん> 【いつもながら鋭い切り口にびっくり】
       「かなりおもしろい」98.10.20
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いつも楽しく読ませていただいています。
いつもながら鋭い切り口にびっくりさせられています。
これからも楽しみにしております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <aiさん>   【今回も楽しませていただきました】
       「ややおもしろい」98.10.19
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今回も楽しませていただきました。
自分が、上手にマーケティングされた記事を読むのは、とても楽しかったです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <maru3さん> 【さらなる前進と初心を】
       「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
パソコンお宅たちが読みふけっているなどと、時代錯誤の情報貧困者が、生まれ
てしまっています。こんな、人が生まれたのも正しい理解できる表現法が不足し
ていると前から思っていていましたがマグマグメールには配慮があるために成長
したと思います。さらなる前進と初心を忘れないことだと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <鈴木さん> 【思考過程が非常に面白かった】
       「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まぐまぐに出ていた説明文が、深い分析の後に考えられたということですが、そ
こまでの思考過程が非常に面白かったです。
私はウイークリーまぐまぐに掲載されたメッセージを見てすぐに登録し、日立の
記事を読んだその日に、ホームページにもアクセスして、いくつかのバックナン
バーを読んだところで「これは今までになかったページで勉強になる」と思いま
した。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <塩手さん> 【感動です!】
       「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ここまで、理論的に説明と結果を示してくれると・・・感動です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <twinfuseさん> 【本職の理論と、それを忠実に実践】
       「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本職の理論と、それを忠実に実践されたため、私のような人間が引っかかったわ
けですね(笑)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <山下さん> 【思考過程が非常に面白かった】
       「?????」98.10.15
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
僕は関西大学社会学部に通う学生です。将来マスコミ志望なので役に立つメール
マガジンを探していた所、このメールマガジンを発見しました。僕はランキング
を見て知ったのでまんまと罠にはまった訳ですね。


▼お便りコーナー ------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <まつおさん> 【やはり、マーケティングはきちんとやらなければ】
        「かなりおもしろい」98.10.18
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
私もマーケティングのプロを自認していますが、この記事は大変感動しました。
やはり、マーケティングはきちんとやらなければいけない、と再認識しました。
.........................................................................
【お返事】
.........................................................................
同業の方だったのですか。
いや、お恥ずかしい次第です。
でもお褒めの言葉、大変嬉しいです。
誰が見ても恥ずかしくないように記事を書いているつもりですが、やはり同業の
方からのメールはちょっと緊張します (笑)。同時に、ものすごく嬉しいですが。

おっしゃるとおり、我々プロにとって、初心とは大事なものですよね。
私も長年このビジネスをやっていると、初心を忘れることが時々あります。
そんな時は、バイブルである「ランチェスター戦略」を開くのですが、そもそも
「気が付いた時」という条件付きです。初心を忘れたままだと、どこかで軽い
しっぺ返しをくらったりすることもあります (笑)
.........................................................................
【まつおさんからのお返事】
.........................................................................
あれから、御社のサイトも拝見させていただき、会員登録も行い、「私はこう見
る」のバックナンバーもほとんど読ませていただきました。

改めて、感動しました。セガの話にしても、日立の話にしても、生活者視点とい
うか、ごく常識的な視点からおかしいことは正す、やるべきことをやるという基
本動作ができていない人、企業はうまくいかないことがよくわかりました。

私も、たとえばマーケティングの書籍等は数千冊所有し、ほとんど読んでいます
が、いまだに「マーケティング入門」的な本を買ってしまいます。業務に流され
ると、基本を忘れがちになるためです。

森様のサイト、メールマガジン、そしてこのような木目細かい対応は、マーケ
ティングの基本をしっかりと遂行されているだけでなく、森様の人となりを感じ
させるという点で、本当にすばらしいですね。

早速、森様の著作も購入して読ませていただきます。

今後も充実したコンテンツをお願いします。
(そのうち有料化されてもいいのでは?)
.........................................................................
【お返事】
.........................................................................
感激です。

「当たり前のことを当たり前に、しかし、徹底して実行する」

が私の基本ですから、そのことを分かっていただいて、こんなに嬉しいことはあ
りません。

私の唯一の悩みは「常識的」というヤツでもあります。
プロのまつおさんなら実感していただけると思いますが、「常識」って、分かっ
ているようで、意外にわかっていないことが多々ありますよね。儀礼のような
「常識」は本を見ればすぐに調べられますが、「常識的な価値観」というのは、
自分が本当に「偉大なる平凡人」でなければ、なかなか身に付かないものです。
どんな「常識的な」人でもどこかにその人の個性が出てしまいますもの。

特に私のような人間は、良く言えば「個性的」、悪く言えば「変なヤツ」なの
で、いつも「常識」ということばと格闘させられます (笑)
---------------
>早速、森様の著作も購入して読ませていただきます。

あっ、あの本は今在庫切れなのです。
申し訳ありません。
改訂版が今月の終わりに出版される予定なので、もう少々お待ち下さい。
実は、改訂版を昨年に出す予定だったのですが、私の原稿執筆が遅れてしまった
のです。その間に在庫がなくなってしまった、というわけです。
タイトルも「商品の成功方程式」に変更される予定です。
その時には、ホームページやメールマガジンで大々的に告知いたしますので
(笑)、それまでお待ち頂ければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <鈴木さん> 【思考過程が非常に面白かった】
       「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
>まぐまぐに出ていた説明文が、深い分析の後に考えられたということですが、そ
>こまでの思考過程が非常に面白かったです。

私たちにとっては日常業務の思考過程ですが、確かに一般の方々には目新しいも
のですものね。いや、下手をするとこういう思考過程を順序立てて説明しない
で、結果だけを説明するマーケティング関係者も多いですから、あまり見かけな
いケースと言えるかも知れません。

>私はウイークリーまぐまぐに掲載されたメッセージを見てすぐに登録し、日立の
>記事を読んだその日に、ホームページにもアクセスして、いくつかのバックナン
>バーを読んだところで「これは今までになかったページで勉強になる」と思いま
>した。

ホームページなどもチェックしていただいたのですね。
ありがとうございます。
鈴木さんは学生さんですが、もし興味があれば中級者向けのページも面白いかも
知れません。あまり更新する頻度は高くありませんので、一度読めば頻繁に訪れ
る必要もありません。

一部の方はメールマガジンと、このようなページとを立体的に見るとコンサルタ
ントの業務が分かり、面白かったとおっしゃっていただいていますので、そうい
う見方もあるかもしれません。

http://member.nifty.ne.jp/systrat/theory/theory.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <Nobさん> 【ランキングの「2冠王」おめでとう】
      「かなりおもしろい」98.10.17
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まずは、部数増ランキングおよび順位上昇ランキングの「2冠王」おめでとうご
ざいます。

あんなにも、作戦(この場合、戦略ですか)を立てていたとは思ってもいなかっ
たです。僕たちは思い通りの動きをしていたということですね。改めて、コンサ
ルタントの凄さを思い知らされました。

しかも、それを順序は違えど、本当に身近な題材として戦略のたてかたを解説し
ていただいて、非常にわかりやすかったです。しかも、他にも身近な題材を踏ま
えながら差別化や主流ニーズを説明されているので、さらに簡単に理解できま
す。
こういった配慮もコンサルタントゆえですか?
.........................................................................
【お返事】
.........................................................................
そういえば、お祝いの言葉を頂いたのは Nob さんが初めてでした。
なかなか、良い響きですね。ウキウキしてしまう (笑)
------------------------
>僕たちは思い通りの動きをしていたということですね。改めて、コンサルタント
>の凄さを思い知らされました。

あっ、いえ。
コンサルタントの思い通りの動きを皆さんがしたのではなく、皆さんの「思い通
りの動き」を読んで、コンサルタントは先回りをしただけです。
------------------------
>こういった配慮もコンサルタントゆえですか?

はい。そのとおりです (笑)
メーカー時代とコンサルタント業とで、最も違うことは「いかにわかりやすく伝
えるか」の技術の有無だと痛感しました。特に、何か事件があった、というわけ
でもないのですが、一生懸命コンサルタントとしての仕事をこなしていくうち
に、ふと気がついたのがこの点だったと言うわけです。
コンサルタントの使命は「真実を究明し、指針を作ること」です。しかし、せっ
かくクライアントにとって最良のものでも、それを分かって頂けなければ効果は
ゼロです。

もちろん、「わかりやすさ」の調整はあります。
日常、企画や戦略、調査等をきっちりこなしているクライアントには、あまりに
もわかりやすいことを延々と言うのでは、「バカにしている」「時間の無駄」と
思われます。
一方、クライアントのデザイン部門や設計部門から、はたまた、デパートの売り
子さんが対象のプロジェクトでは、本当にわかりやすく解説しなければなりませ
ん。

最も複雑なのは、担当者にはそこそこ高度な水準でのわかりやすさが必要で、同
時に上司の取締役に対しては「かなりわかりやすい」表現が求められる報告書の
場合です。同じものを読んで、知識・経験レベルの異なる人々を同時に説得する
という離れ業は、コンサルタントになってから習得したものです。

「わかりやすさ」は私の差別化の武器のようなものです。
これは、事例だけでなく、言い切り、理屈立て、ストーリー、シンボリックな図
など、様々な要素を組み合わせて実現しますので、なかなか他のコンサルタント
の方々が真似できないよう工夫するようにしています。
そういう意味では、文字主体のメールマガジンでわかりやすさを追求するのは、
私にとってもチャレンジなのです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 <ryosukeさん> 【「発展途上」以降でも「具体的描写」が効果的】
        「かなりおもしろい」98.10.16
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メールサービスの場合,というかインターネットの場合,大半は特定のセグメン
トに対してメッセージを発するものだと思っていたので,このような一般的切り
込みをされて,新鮮に感じました.
ただやはり私の根拠のない直感では,「発展途上」以降においても「具体的描
写」が効果的のような気がするんですよね.

感想;
magmagで「コンサルタント」というのを見て,はじめは期待しませんでした.雨
後の筍のごときの「コンサル」ブームですから.そういう意味では「具体的描
写」があってもあんまり信用しない傾向が私にはあります.
が,今ではmagmagで購読している中では1番のマガジンです.毎回楽しみにして
います.
今回の「裏舞台」を読んで,このマガジンの発行目的に興味がでてきました.貴
社のhpに行ったときも気づきませんでした.こんど探してみますね.
.........................................................................
【お返事】
.........................................................................
ご明察です。
一般的には、訴求点とライフサイクルは以下のような発達を遂げます。

ライフサイクル   訴求点 (旧商品・市場)
---------------- ----------------------------
導入期〜成長期前期 規格 (具体的描写)
成長期       ベネフィット (得すること、モノ)
成熟期       エッセンス (イメージ)

ここだけを言えば、今回の記事のような切り込みになります。
しかし、成熟期を過ぎて衰退期になる産業ではなく、新たな成長期を迎え
る産業があります。二眼レフ→一眼レフ→コンパクトカメラ→使い捨てカ
メラ→デジカメといった技術革新によって商品が変化する場合が顕著で
す。細分化や差別化によって活性化した市場、と言い換えることもできま
す。

この場合は、以下のようになります。

ライフサイクル   訴求点 (旧商品・市場)   訴求点 (新商品・市場)
---------------- ---------------------- ------------------- 
導入期〜成長期前期 規格
 (旧)        (具体的描写)
成長期       ベネフィット
 (旧)        (得すること、モノ)
成熟期       エッセンス        規格
 (旧)         (イメージ)        (具体的描写)

成長期                    ベネフィット
 (新)                      (得すること、モノ)

つまり、ミニサイズのライフサイクルができあがる、というわけです。そして、
訴求点は「規格」→「ベネフィット」→「エッセンス」→「規格」というよう
に、ぐるぐると回っていく、という現象が発生します。

また、イノベータは産業によって異なるのが普通です。例えば、システム手帳や
環境問題は30代ビジネスマン、ファッションは10代、20代のオシャレ人間です。
そして、1人がイノベータとフォロワーの両方を合わせ持つことも珍しくありませ
ん。パソコンはかなりくわしいのに、ファッションはさっぱり、といった具合で
す。

ただ、まれに、どんな分野でも常にイノベータという方が存在します。アメリカ
では、教育水準が高く、可処分所得の多い医者や弁護士が好例です。
そういう方にとっては、導入期だろうが成長期だろうが「具体的描写」による訴
求が有効です。ただ、数が余り多くないので、普段は気にする必要がありませ
ん。

関連記事がホームページにありますので、より理解が深まると思います。
一度、覗いてみて下さい。

http://member.nifty.ne.jp/systrat/theory/theory01pcorn.html
----------------------
>このような一般的切り込みをされて,新鮮に感じました.

一般の方々がホームページを作るような場合は、特定のセグメントの方が有利で
す。つまり、おもしろいものができあがります。何と言っても、自分自身が視聴
者ですから、マーケティング等の技術がなくてもかなり高い水準のものが作れま
す。

しかし、現在のインターネットの普及率、約6%を考えると、それを更にいたずら
に細分化するのは本来は得策ではありません。幸か不幸か私の業務に対するイン
ターネットの比率は、売上ベースで5%程度しか占めていません。良い意味でも、
悪い意味でも一般的な発想でのアプローチが主流になってしまいます。
----------------------
>今回の「裏舞台」を読んで,このマガジンの発行目的に興味がでてきました.

あっ、いえ、それにはおよびません。
ホームページには発行目的は書いておりません。
むしろ、メールマガジンの発行目的が多すぎて、まだ整理されていない状態なの
です。

いずれにしても、きちんとした整理が必要ですので、いつかお話しできると思い
ます。それまでお待ち下さい。
実は、他の読者の方からも同様の主旨のコメントがあり、ちょっとあせってしま
いました。これだけは予想していなかった反応でしたから。

「サルも木から落ちる」ということでご勘弁下さい (笑)
--------------------------------------------------------------------
▼それぞれの方々へのご意見をお待ちしています -----------------------
宛先 : systrat@hello.to または syst@tka.att.ne.jp (担当 : 中野)

▼読者の声を一括で読みたい方はこちらへどうぞ -----------------------
http://member.nifty.ne.jp/systrat/gimmie/voice/voice98menu.html

▼バックナンバー (過去記事16本を収録)
  (会員専用。年に数回、URL を変更します) --------------------------
http://hello.to/the-consultant/
http://member.nifty.ne.jp/systrat/gimmie/gimmie.html (実URL)

▼マーケティング理論・調査手法の解説 (中級者向) --------------------
http://member.nifty.ne.jp/systrat/theory/theory.html

▼お問い合わせ -----------------------------------------------------
 株式会社シストラットコーポレーション 担当 : 中野
systrat@hello.to または syst@tka.att.ne.jp

▼購読申込み・購読中止・配信先変更 --------------------------------
購読申込み・購読中止 URL : http://i.am/the-consultant/
 配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』および
 『フライヤーマシーン』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ ) (http://flier.pos.to/)
 参考 : まぐまぐマガジン ID :  0000007188
     フライヤーマガジン ID : 00000041

▼このメールマガジンの楽しみ方 -------------------------------------
このメールマガジンは、マーケティング・コンサルタントである私が、日ご
ろ何を見て、何を考えているのか、を綴るものです。
コンサルタントの物の見方をのぞき見趣味的に眺めるのもよし、ビジネスと
して見るのもOK。また、将来コンサルタント業を考えている学生や社会人
の方も「こんなヤツもいるのか」と見るのも自由です。
ただ、意外にコンサルタントは地味なものの見方をします。至って普通のこ
とを普通に考える。これが良いコンサルタントの条件だと考えているからで
す。
コンサルタントはクリエイターとは違います。生活者が普段考えることをき
ちんと把握しておかなければ仕事になりません。
なにしろ、膨大な数字から、ターゲットが何を考え、どう行動するのか、を
読まなければならないからです。一般的な感性をきちんと持っていなけれ
ば、正確に彼らを把握できないのです。言い方を変えれば、コンサルタント
は「偉大なる平凡人」の資質を持っていなければならない、ともいえます。
私は、残念ながら、人に言わせると「変な人」だそうで、確かに平凡なもの
の見方をするのに苦労することもあります。そういう意味では、このメール
マガジンの記事で、平凡な時はコンサルタントとしての私が、個性的な時は
私の「素」が出てる、と思って頂ければおもしろく読めるのではないか、と
思います。
                       代表取締役 森 行生
--------------------------------------------------------------------
「私はこう見る」コンサルタント生の本音情報
発行/編集 株式会社シストラットコーポレーション
東京都渋谷区恵比寿南2-25-10-303
syst@tka.att.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/systrat/
発行人/編集人:森 行生
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c) 1998, SYSTRAT Corporation. All rights reserved.
--------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ