武道通信かわら版

  • ¥0

    無料

日本人の魂の在り処を武を通して探る『武道通信』

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
武道通信かわら版
発行周期
月2回
最終発行日
2018年11月05日
 
発行部数
951部
メルマガID
0000036568
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 格闘技 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────11/5 2018 通算442号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                   042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

         カナダが大麻を嗜好用に解禁
      カナダの大麻と 日本の大麻が違うことを
         報道番組は一言も報じない

       親中派「広辞苑」で【大麻】を引くと
           1に「伊勢神宮のお札」
        2に「幣{ぬさ}の尊敬語。おおぬさ」
 幣とは 罪・穢れを払うため神前に供える幣帛{へいはく})のこと
             神道では神の草
          麻に敬語つけ大麻 大麻草とも
       カナダの大麻は神の草にあらず 嗜好品
          報道番組は一言も報じない

       国破れて GHQ発令の大麻取締法
      <神の草>が<悪魔の草>と定められた
 
         …………………………………………


1 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
   ◎韓国告発メールを世界中の国連大使に送ろう!
2 忙中閑あり  ……杉山頴男
   ◎麻と武士
    ──日本列島固有種[武士]を考究する



■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《197》─────────


    加藤 健

  韓国のムチャクチャを世界に知らせる必要があります。勝負の時です。

  ◎韓国告発メールを世界中の国連大使に送ろう!


★ 告発の絨毯爆撃を!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、元徴用工と称する韓国人
(実際には募集に応じた労務者)への賠償を日本企業に命じた10月30日
の韓国最高裁判決は本当に腹立たしかったですね。安倍総理の怒りのコ
メントにすべてが集約されています。
「1965年の日韓請求権・経済協力協定によって完全かつ最終的に解決し
ている」
「判決は国際法に照らして、ありえない判断だ。日本政府として毅然と
対応していく」


請求権については、あの韓国政府でさえ「解決済」と公式に表明してき
ました。2005年に日韓協定締結当時の外交文書を公開し、個人に対する
補償義務は「韓国政府が負う」と韓国外務省が明言していたことが明ら
かになりました。公開時に盧武鉉政権は、元徴用工の賠償請求権は日本
が韓国に供与した無償3億ドルに「包括的に勘案された」と明言していま
す。また2009年に裁判所に提出した書類で韓国政府は、「未払い賃金は
3億ドルに含まれている。日本政府に請求権を行使するのは難しい」と
述べています。文在寅大統領も徴用工問題について「韓日請求権協定で
解決済」と発言しています。誰の目にも明らかな話です。それなのに
韓国政府は、判決をタテに「司法の判断を尊重する」と言いだしました。

告発してやりましょう! このままなら、日本企業は計2兆円以上の支
払い命令を受けるとの観測もあります。国際社会に訴えて、韓国の無法
から日本企業を守りましょう! 

電子メールを使えば、全世界180ヵ国以上のニューヨーク国連代表部に一
瞬で告発文を送ることができます。下にメールアドレスを書き出しまし
た。ぜひご参戦ください。例文コピペならすぐです。

例文の日本語訳を下に表示しました。関心を持ってもらえるよう、「国
家間条約が簡単に反故にされたら、貴国だって困るでしょ? 世界中で
紛争が蒸し返されますよ。だから韓国に危険な前例を作らせないように
しましょう」と訴えています。相手国の利害に訴えています。

それでは皆様、怒りのメールをいますぐお送りください。よろしくお願
いします。


※ 送信すると、一覧にない個人メールアドレスから「いま休暇中です」
などの自動返信が届くことがあります。これは代表メールアドレスから
転送された先の外交官の個人メールアドレスです。ちゃんとチェックし
ている証拠です。

◆ 送り先
(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください。3回に分けな
いと送れない場合があります)
info@afghanistan-un.org, mission.newyork@mfa.gov.al,
albania.un@albania-un.org, mission@algeria-un.org, contact@andorraun.org,
themission@angolaun.org, enaun@mrecic.gov.ar, armenia@un.int,
australia@un.int, new-york-ov@bmeia.gv.at, azerbaijan@un.int,
mission@bahamasny.com, bahrain1@un.int, bangladesh@un.int, bdpmny@gmail.com,
prun@foreign.gov.bb, barbados@un.int, missionboliviaun@gmail.com,
belmission.ny@gmail.com, newyorkun@diplobel.fed.be, blzun@belizemission.com,
beninewyork@gmail.com, chadorpmb@yahoo.com, delgaliviaonu@hotmail.com,
bihun@mfa.gov.ba, botswana@un.int, distri.delbrasonu@itamaraty.gov.br,
brunei@un.int, bulgaria@un.int, mission.newyork@mfa.bg, bfapm@un.int,
burundi@un.int, capeverde@un.int, cambodia@un.int,
cameroon.mission@yahoo.com, canada.un@international.gc.ca,
repercaf.ny@gmail.com, chadmission@gmail.com, chile.un@minrel.gov.cl,
colombia@colombiaun.org, comoros@un.int, congo@un.int,
mpcongo_onu@hotmail.com, contact@missioncrun.org,
cotedivoiremission@yahoo.com, cromiss.un@mvp.hr, cuba_onu@cubanmission.com,
mission@cyprusun.org, un.newyork@embassy.mzv.cz, missiondrc@gmail.com,
nycmis@um.dk, djibouti@nyct.net, dominicaun@gmail.com, drun@un.int,
ecuador@un.int, pr.egypt@un.int, elsalvador@un.int, mission.newyork@mfa.ee,
ethiopia@un.int, mission@fijiprun.org, sanomat.yke@formin.fi,
france@franceonu.org, info@gabonunmission.com, gambia_un@hotmail.com,
geomission.un@mfa.gov.ge, info@new-york-un.diplo.de, ghanaperm@aol.com,
grdel.un@mfa.gr, grenada@un.int, guatemala@un.int, onupnud@minex.gob.gt,
missionofguinea@aol.com, guinebissauonu@gmail.com, guinea-bissau@un.int,
guyana@un.int, mphonu.newyork@diplomatie.ht, honduras_un@hotmail.com,
hungary@un.int, unmission@mfa.is, india@un.int, indiaun@prodigy.net,
ptri@indonesiamission-ny.org, iran@un.int, newyorkpmun@dfa.ie,
info-un@newyork.mfa.gov.il, info.italyun@esteri.it, jamaica@un.int,
p-m-j@dn.mofa.go.jp, missionun@jordanmissionun.com, kazakhstan@un.int,
info@kenyaun.org, kimission.newyork@mfa.gov.ki, contact@kuwaitmission.org,
kyrgyzstan@un.int, lao@un.int, mission.un-ny@mfa.gov.lv,
contact@lebanonun.org, lesotho@un.int, Liberia@un.int,
info@libyanmission-un.org, mission@nyc.llv.li, lithuania@un.int,
newyork.rp@mae.etat.lu, repermad.ny@gmail.com, MalawiNewyork@aol.com,
MalawiU@aol.com, mwnewyorkun@kln.gov.my, info@maldivesmission.com,
malionu@aol.com, malta-un.newyork@gov.mt, malta@un.int,
marshallislands@un.int, mauritaniamission@gmail.com, mauritius@un.int,
onuusr1@sre.gob.mx, fsmun@fsmgov.org, monaco.un@gmail.com,
mongolianmission@twcmetrobiz.com, UN.NewYork@mfa.gov.me,
morocco.un@maec.gov.ma, mozambique@un.int, myanmarmission@verizon.net,
namibia@un.int, nauru@un.int, nepal@un.int, nepalmissionusa@gmail.com,
nyv@minbuza.nl, nzpmun@gmail.com, nicaragua@un.int, nigermission@ymail.com,
permny@nigeriaunmission.org, delun@mfa.no, un.newyork@mfa.no, oman@un.int,
pakistan@un.int, mission@palauun.org, emb@panama-un.org,
pngun@pngmission.org, paraguay@un.int, onuper@unperu.org,
newyorkpm@gmail.com, nowyjork.onz.sekretariat@msz.gov.pl, portugal@un.int,
pmun@mofa.gov.qa, unmoldova@aol.com, newyork-onu@mae.ro, press@russiaun.ru,
ambanewyork@minaffet.gov.rw, ambanewyork@gmail.com, sknmission@aol.com,
info@stluciamission.org, svgmission@gmail.com, samoa@un.int,
sanmarinoun@gmail.com, sao-tome-principe@un.int, saudi-mission@un.int,
senegal.mission@yahoo.fr, info@serbiamissionun.org, seychelles@un.int,
seychellesmissionun@gmail.com, sierraleone@un.int, singapore@un.int,
un.newyork@mzv.sk, slovenia@un.int, simun@solomons.com, somalia@un.int,
pmun.newyork@dirco.gov.za, info@rssun-nyc.org, Rep.nuevayorkonu@maec.es,
mail@slmission.com, sudan@sudanmission.org, suriname@un.int,
swaziland@un.int, swazinymission@yahoo.com, sweden@un.int,
nyc.vertretung-un@eda.admin.ch, exesec.syria@gmail.com,
tajikistanun@aol.com, thailand@un.int, newyork@mfa.gov.mk,
timor-leste@un.int, togo@un.int, togo.mission@yahoo.fr,
tongaunmission@gmail.com, tto@un.int, tunisnyc@nyc.rr.com, tunisia@un.int,
tr-delegation.newyork@mfa.gov.tr, turkmenistan@un.int, tuvalu@un.int,
tuvalu.un@gmail.com, ugandaunny@un.int, uno_us@mfa.gov.ua,
newyork@mofa.gov.ae, uk@un.int, tzrepny@aol.com, USUNPolFax@state.gov,
uruguay@un.int, uzbekistan.un@gmail.com, vanunmis@aol.com,
misionvene@venezuelaonu.gob.ve, info@vietnam-un.org,
YMISS-NEWYORK@MOFA.GOV.YE, zambia@un.int, zimnewyork@gmail.com,
office@holyseemission.org, palestine@un.int,


◆ 例文
件名: South Korea’s violation of international law など(タイト
ルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・
とあなた様の名前を入れても構いません)
本文:
Your Excellency,

The international order based on the rule of law is under threat by a South
Korean Supreme Court ruling that denied the effect of international treaty
and ordered foreign companies to pay exorbitant compensation. If the effect
of international agreement or settlement were denied, it would open up a
Pandora's box and revive old conflicts around the world. I urge the UN to
take action.

On 30 October, South Korea's Supreme Court ordered Japanese company Nippon
Steel & Sumitomo Metal Corporation to pay compensation to four South Koreans
who they claimed were conscripted to work in Japan during the Second World
War. It is estimated that three hundred Japanese companies will subsequently
be ordered to pay about 20 billion US dollars.
http://the-japan-news.com/news/article/0004929981

The Korean peninsula was part of Japan and Koreans were Japanese nationals
at that time in accordance with the Japan-Korea Annexation Treaty signed in
1910. Koreans were exempt from military conscription but from 1944 to 1945,
some were conscripted as labourers. This issue has been “settled completely
and finally.” (Article II) by the “Agreement on the Settlement of Problems
Concerning Property and Claims and on Economic Co-operation between Japan
and the ROK” signed on 22 June 1965, and South Korea received tens of
billions dollars in current price from Japan. Please refer to the following
link for English translation of the Agreement.
http://worldjpn.grips.ac.jp/documents/texts/JPKR/19650622.T9E.html

Both the Japanese and South Korean governments have been insisting that the
issue has been settled. The Japanese Prime Minister Shinzo Abe told the
media: “The ruling is a judgment that is impossible in light of
international law.” However, the South Korean government said that they
will respect the ruling.

All disputes must end at some point, the international community must pursue
peace and reconciliation, and South Korea must not be allowed to set a
dangerous precedent.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


★ 日本語訳
大使閣下
国際法に基づく国際秩序が、国家間条約の効力を否定し外国企業に法外な
賠償を命じた韓国最高裁判決によって危機に瀕しています。もしも国家間
の合意や和解の効力が否定されたら、パンドラの箱を開け、世界中の紛争
を蒸し返すことになります。手を打つよう国連に求めます。
韓国最高裁は新日鉄住金に10月30日、第二次大戦中に日本に徴用されたと
称する4人の韓国人への賠償を命じました。今後日本企業300社が約200億
米ドル(約2兆2千億円)の賠償を命じられると推定されています。
(読売新聞英語版のURL)
当時朝鮮半島は、1910年に調印された日韓併合条約により日本の一部であ
り、朝鮮人は日本国民でした。朝鮮人は兵役を免除されていましたが、
1944年から1945にかけて労務者として徴用された人がいました。この問題
は1965年6月22日に調印された日韓請求権協定で「完全かつ最終的に」
(第2条)解決済で、韓国は現在の価値に換算すると数百億ドル(数兆円)
もの金を日本から受け取っています。請求権協定の英語訳については下記
リンクをご参照ください。
(政策研究大学院大学URL)
日韓両政府は、問題が解決済みであると強調してきました。日本の安倍首
相は報道陣に「判決は国際法に照らして、ありえない判断だ」と述べてい
ます。しかしながら韓国政府は、判決を尊重すると述べています。
すべての紛争はどこかで終わらせなければなりません。国際社会は平和と
和解を追求しなければなりません。韓国が危険な前例を作ることは許され
ません。
ご検討ありがとうございます。
敬具


 
■忙中閑あり《388》───────────────────────

                         杉山頴男


 ◎麻と武士
   ──日本列島固有種[武士]を考究する


 親中派「広辞苑」で「まやく」を引くと【麻薬・痲薬】。意味は「麻
酔作用を持ち、常用すると習慣性となって中毒症状を起す物質の総称。
阿片・モルヒネ・コカインの類。麻酔剤として医療に使用するが、嗜好
的濫用は大きな害があるので法律で規制」

 GHQ発令の大麻取締法は、日本列島の神の草を中毒症状を起す物質
の総称とした。
 “さすが”広辞苑、旧字の痲薬も列記している。後ろめたさであろう
か。
 「痲」はしびれるの意味。「麻」とは違う。戦前は麻薬は痲薬と書い
た。大麻と区別されていたことは旧制中学生なら知っていた。

 当用漢字をつくっていた国語学者は痺れ薬・痲薬を「麻薬」とした。
 古来からの大麻草の各分をすべてを「大麻」との法律用語とし、悪と
した。結果、日本列島で麻の栽培を止めさせ、米国のために石油製品の
マーケットにする方便に加担した。
 山河は残っても国破れるとは、こういうことだ。

平将門の命の手綱となった馬の手綱は、麻の茎から作った麻綱。
 武士は麻の葉を馬の飼い料とした。合戦の際には、食用に麻の実を。
麻の花穂を傷の痛み止めにした。

 武士の裃(上下)は元来、麻。江戸も中期になると大名衆の肩衣は
絹となったが、切腹のときは麻の帷子(肌着)と麻の無紋の白の小袖
に浅葱の麻に麻の裃。浅内匠頭も切腹の際は同じく。

 殺傷は武士の生業、定め。罪・穢れを払う麻の神力を借りた。仏教、
儒教より、ずっとずっと前の列島人の信仰を受け継いだ。

 武士の記憶の遺伝子を持つ者、先陣を争い、米国が押し付けた大麻取
締法も廃棄せよ。大麻合法化は世界的に進む。後塵を拝すな。
 

////////////////////////////////////////////////////////////////

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ